|FX MT4|【Object_Select_1_Click】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
「MT4」チャートの操作を快適にするインジケーター。チャートにセットしてあるオブジェクトを1クリックで選択できるようになります。


クリックで指定したオブジェクトは動作後、自動的に選択編集モードが解除されます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

これ、慣れたら手放せなくなりますね。

DIEPHO

たしかに、「オブジェクトの指定にダブルクリック」。当たり前のようですが微妙に面倒なところだったりします。「1クリック」で指定できるだけでこんなに軽快な気分になるとは思いませんでした。

「トレンドライン」とか「水平線」などのオブジェクトは結構頻繁に操作しますからね、ちょっとした利便性の向上が結構快適に感じます。

DIEPHO

とくに便利なのはクリックで指定したオブジェクトの編集後、自動的に「編集モード」が解除されること。もう一度「ダブルクリック」という手間がなくなります。

使用してみればこの便利さが分かるというやつでしょう。トレードの分析に直接的に基準を示すわけではありませんが、こういう「操作補助系」、「チャート機能向上系」のインジケーターは、相場に左右されずずっと使えるので、気に入ったらずっと使っていけますね。

DIEPHO

そうですね、MT4の操作環境をいかにスマートに快適にすることも長くトレードしていく上では結構大切なことだと思います。

ちなみに、このインジケーターはセットすると上の機能のほかに、チャートに左下隅をクリックすることで全選択が出来ます。こちらはシグナル系のオブジェクトなども含め根こそぎ選択することができます。何故だか気づきにくい機能になっています。




パラメータ/Parameter

インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|DeleteAllObjects(無料スクリプト)
「全チャート」の「全オブジェクト」を一括消去するスクリプト。ナビゲーター「スクリプト」からダブルクリック、もしくはチャートにドラッグします。
|FX MT4|CleanupAll_Objects
「指定チャート」の「全オブジェクト」を一括消去するスクリプト。ナビゲーター「スクリプト」から消したいチャートへとドラッグします。
|FX MT4|【OnlyRunningTradesBuySell】
現在保有中のポジションと、エントリーポイントをラインでつないでくれます。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!