|FX MT4|【Currency-Pairs Slope-Values-Indicator】


DOWNLOAD >>


Currency-Pairs Slope-Values-Indicator(画像)


|無料インジケーター|
「通貨ペア」の強弱をサブウィンドウの一覧で確認できます。


表示させる「通貨ペア」はパラメータ設定で追加、変更することができます。現在の相場状況を俯瞰して見ることができます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

「複数通貨ペア」を監視しているとき、こういった一覧があると相場を引っ張っている通貨が何かが分かりやすくなります。

DIEPHO

なかなか初心者の方には難しいかもしれませんが、通貨ペアの動きは「他の複数の通貨ペア」、もしくは「それ以外の商品(CFD)など」と相互に影響を与え合っているんです。

そうですね、だから「※通貨の相関性」やそれぞれの強さを見ておくことで相場の動きを複合的に分析することが出来るようになるんです。

DIEPHO

取引しようとする通貨ペアの分析に「関係している通貨ペア」の分析を加えてロジックを補強してみたり・・・。


相互関係 イメージ


やりかたは色々と考えられますよね。ただし、この類のインジケーターは「MT4の業者」によって扱うペアが限られていたり、「相性が悪く」表示されないこともあることをご留意ください。複数口座をもっていると、こういった時も「使い分け」ができて便利ですよ。

DIEPHO

日本の口座の場合「口座維持費」はかからないところが多いので、それぞれの強みを使い分けできるように複数口座を用意しておいて損はないですよ。
※ただし意味なく使い分けると確定申告が少しだけ面倒にはなります。

※「相関性」と「相関性を利用したトレードの例」などは、こちらのページで紹介しています。

パラメータ / Parameter

Currency-Pairs Slope-Values-Indicator Parameter


インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


※インジケーターのインストール方法に関してはこちらのページをご参照ください(動画有)

◆お勧めリンク

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【ninety47_CorrelationTable_v1.2.5】
チャート上の通貨ペアに対して、指定した「通貨ペア」の指定した「時間軸」での相関性を一覧で示してくれます
FXトレード / チャート 分析【BUTTONS】
チャート上に「通貨ペア」「時間軸」を変更できるボタンを表示
FXトレード / チャート分析【daily_data_3_1】
「通貨ペア」「スワップポイント」「スプレッド」などなど、トレードに必要な情報を分かりやすく表示

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Currency-Pairs Slope-Values-Indicator(画像)
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!