|FX MT4|【4Sessions】


DOWNLOAD >>


4Sessions(画像)


|無料インジケーター|
市場の時間帯を4つに区切ってボックスを表示してくれます。


マーケットの時間帯を4つに分けてわかりやすくしてくれるインジケーターです。デフォルトは、「東京」・「ロンドン」・「ニューヨーク」・「オセアニア」で分類されていますが、パラメータで時間帯やボックス名は変更することができます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

「各マーケットは、それぞれに「個性的な値動き」があります。それを時間帯ごとに区切って視覚化することできるので、過去のチャート分析の際役に立つでしょう。

DIEPHO

また、「時間帯」や「ボックス名」が変更できるので、例えば「東京仲値前」や「ロンドンフィキシング前後」というような、より細かい指定をすることができます。個人の裁量で使い方の幅は広がるのではないでしょうか。

パラメータ Parameter

4Sessions Parameter(画像)

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


世界のマーケット・その個性

Market_Sessions BT




ウェリントン市場(ニュージーランド)・シドニー市場
アジア:東京市場(日本)
イギリス:ロンドン市場
アメリカ:ニューヨーク市場

※FXのマーケットは基本的には24時間取引可能な為、必ずしも明確な区切りがありません。そのためマーケットタイムは、株式市場のオープン時間を軸に、参加者が動き出しやすい意識するべき時間として表記しております。時間はあくまでメインプレイヤーがどこの市場参加者なのかの目安です。実際の傾向は日々変わる為、個々で検証していただくこと、また固定しすぎた考えを持たないことを当サイトでは推奨しております。

オセアニア:ウェリントン市場(ニュージーランド)・シドニー市場(オーストラリア)

目安時間

日本時間の午前5時頃~(市場は3時開始)

ボラティリティ(値動き)

市場参加者が少なく、値動きも乏しい

ポイント

比較的相場が薄い時間帯で値動きも乏しいが、日付が変わってから一番早く動き出す市場の為、「月曜日」は注意が必要。(週末に起きたニュースや事件、ファンダメンタル要因の影響をいち早く受ける為)。


アジア:東京市場(日本)

目安時間

午前9時頃~

ボラティリティ(値動き)

オセアニア勢の他、アジア(日本、中国、シンガポールなど)が参加。しかし、1日の中では比較的「値動き」は少なめ。

ポイント

「午前9時55分」に、日本の金融機関が外国為替取引で使用する為替レートの基準「TTM」を決定する為、この時間に向けて取引が活発になります。それを過ぎるとロンドンオープン前まで非常におとなしくなる。

 ※TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)=仲値。「ゴトウビ」(5日・10日・15日・25日・30日」は企業の決済日が集中するため、支払いに使用するドルが買われる為、「ドル高・円安」になりやすい傾向があります。


イギリス:ロンドン市場

目安時間

日本時間午後4時頃~

ボラティリティ(値動き)

欧州勢が参加、非常に大きなマーケットの為、取引が一気に活発になります。

ポイント

「EUR」や「GBP」などの欧州通貨が多く取引される。マーケット「開始1時間程前」(アーリーロンドン)~「開始後1時間」は乱高下することも多く、ボラティリティが多いものの、1日で最もダマシを警戒するべき時間帯となります。日本時間午後7時頃になると、ロンドンの「午前取引」が終わり昼休みに入るため一旦落ち着きます。


アメリカ:ニューヨーク市場

目安時間

日本時間の午後9時頃

ボラティリティ(値動き)

ボラティリティ:ロンドン勢にアメリカ勢が加わる時間帯。1日で最も取引量が大きくなります。トレンドが発生することが多く、逆張りする場合リスクが最も高いと言われます。

ポイント

「USD/JPY」や「EUR/USD」などの「ドルストレート通貨」が多く取引されます。「米国の経済指標の発表」や、日本時間午後11時の「オプションカット」(通貨オプション取引の権利行使期限)や、午前0時の「ロンドンフィキシング」をピークに値動きは収束していきます。

※各国マーケットの時間は「夏時間」を基にしています。冬時間の場合は日本時間+1時間となります。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【MTF_OHLC_Price_Line】
マルチタイムで、キャンドルの4本値(高値・安値・始値・終値)にラインをひいてくれます。
FXトレード / チャート 分析【trade-day】trade-day
1日ごとの「高値」「安値」をボックスで囲い「曜日」を表示してくれます。
FXトレード / チャート分析【infoboard】
「通貨ペア」「タイムフレーム」「スワップ」「スプレッド」など大切な情報を見やすく表示してくれます。

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

4Sessions(画像)
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!