|FX MT4|【MTF_OHLC_Price_Line】


DOWNLOAD >>


MTF_OHLC_Price_Line 画像


|無料インジケーター|
マルチタイムで、キャンドルの4本値(高値・安値・始値・終値)にラインをひいてくれます。


「4本値」は相場において色々な基準となる大切な価格です。パラメーターで「高値・安値・始値・終値」のどれかを指定します。また、線の太さや色、どれだけ過去に遡るかなども指定することができます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

高値、安値はもちろん、終値・始値などいわゆる「4本値」は、相場参加者が必ず意識する基準となります。例えば、ヒゲを作るのは「終値」ですし、「始値」は陽線陰線の境界線となります。移動平均線なども基本的にはこれらの価格を基準にしていますよね。色々な意味で基準的な意味をもつ「4本値」を意識しておくことは意外と役に立ちます。

DIEPHO

例えば「始値」の使い方として、仮に下図のように上位のタイムフレームの始値を表示してみるとどうでしょう。細かいキャンドルの動きが、上位足では陽線陰線を逆転させた強いヒゲとなっていることが分かりますね。


MTF_OHLC_Price_Line 陽線陰線の反転


こういった場所はその後も強いサポートゾーン(レジスタンスゾーン)になりやすくなります。上の図でも、ピンボールのように相場の波が跳ね返されていることが分かります。高値・安値・始値・終値、4つの価格の持つ意味合いを理解することでチャート分析力を高めることができますよ

DIEPHO

多分(ていうか絶対)上位足の表示をする、というところがミソですよね。上位足の4値付近で下位足がどういう動きをするのか、もちろんそれだけで決断の材料にはできませんが、一つの分析材料にはなります。

気にし続けること」で次第にその基準が自分の中に毎日の歯磨きのように、「当たり前」へと溶け込んでいくものです。それの複合体が私たちの相場感(相場観)につながるのだと思います。

パラメータ/Parameter

MTF_OHLC_Price_Line Parameter

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート 分析【4Sessions】
「オセアニア」・「アジア」・「ロンドン」・「ニューヨーク」4つのマーケットをボックスで区切。
FXトレード / チャート 分析【Candle 50% MTF nmc】
「ローソク足」の半値にラインをひく
FXトレード / チャート 分析【custom candles – any time frame 1.01】
チャート上に「上位足」のキャンドルを重ねて表示する


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

MTF_OHLC_Price_Line 画像
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!