|FX MT4|【USD Index[1]】


DOWNLOAD >>


USD Index[1] vs EURUSD


|無料インジケーター|
サブウィンドウに「(NYBOT)ドルインデックス」のラインチャートを表示


このインジケーターは、INDEXの指数算出に[EURUSD][USDJPY][GBPUSD][USDCAD][USDSEK][USDCHF]を使用します。
※ご使用のMT4のブローカーが「↑」のシンボルをカバーしていない場合は利用ができません。


※通貨ペア表示の異なるブローカーをご利用の場合のバグについて
通貨強弱を示すインジケーターのうち、「通貨の指定ができないもの」に関しては正しい動作をしないことがあります。それは多くの場合そのブローカーの「通貨ペア表示」が異なっていることが原因と考えられます。例えば 「USDJPY」ではなく「USDJPY●●●」などと、表示に追記がある場合などがあります。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

シンプルにドルインデックスを表示してくれるインジケーターです。


●ドルインデックスとは
「ドル指数」「DXY」とも。主要国通貨全体に対しての米ドルの相対的な強さを指数化したチャート。例えば「USDJPY」のように、JPYに対してのドルの強さではなく、複数の通貨ペアとの相対性を使い算出するため、全体的(国際的)なドルの価値(強さ)を見ることができます。NY商品取引所(NYBOT)や米国連邦準備理事会(FRB)、国際決済銀行(BIS)など、作成主体によってその計算に使われる通貨構成や割合は異なるため、若干の相違があります。※基本的にはEURの占める割合が高い。


主要6通貨で算出。「NYBOT」です?

NYBOT:New York Board of Trade(ニューヨーク商品取引所)。現ICE Futures US

DIEPHO

「ICE Futures USのチャートと見比べてみましたが、ちょっと違う気がします。」Trading Viewのチャートはほぼ一緒という印象。気になる方はご自身でお確かめください。そこまでちゃんとは見ていませんので。(コード上は旧NYBOT式に見えましたが)

DIEPHO

このインジケーターは各ユーザーが使用する「MT4」のブローカーが提供するデータを利用するようで、「DLLの使用」が必要ないのが特徴ですね。

なるほど、むだに回線をリアルタイムで使用しないでくれるのはいいかもしれません。

DIEPHO

DXYを見る時の注意点ですが、DXYは[USD] vs [その他主要通貨]の指数です。比較通貨ペアを見る時は、USDが「分母」にあるか、「分子」にあるかで考え方を反転させる必要があります。


●[EURUSD] vs [DXY]
「EUR/USD」は[EUR]が分子に来ているため、ドルが強い場合は当然チャートは弱くなりやすいです。また、[EUR]は指数算出の構成比率が大きいので、綺麗に対照的(逆相関)をみせることが多いです。

EURはDXY指数を算出する時の構成要素が大きめです。


●[USDCAD] vs [DXY]
「USD/CAD」は[USD]が分子に来ているため、ドルが強い場合つられてチャートは強くなりやすく、つまり[DXY]とは相関性のある動きを見せます。

通貨ペアを見る時、ドルが「分子にあるのか、分母にあるのか」に注意しましょう。


使い方は色々あると思いますが、基軸通貨の強さと、それが「各シンボルに与えている影響」を意識することは大切なことです。

DIEPHO

そういう点で、ひとつあると割と便利なドルインデックス。今回ご紹介しているものは、回線にも優しく軽いインジケーターなので、チャートに「空き地」がありましたら、よかったらどうぞ。


パラメータ/Parameter

※パラメーターの設定はありません。※ラインの色などを指定することができます。
インジケーターの色の設定


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【currency-slope-strength】
複数通貨ペア表示、チャート表示通貨表示を選ぶことができるCSM(通貨強弱グラフ)
|FX MT4|【Currency-Pairs Slope-Values-Indicator】
サブウィンドウに、指定する通貨ペアを強弱順にソートした一覧を表示。
|FX MT4|【CCFp_v1.0.2cvert】
細かくカスタマイズできる移動平均線をベースにしたCSM(通貨強弱グラフ)。チャート表示中のシンボルラインが強調されるのが特徴的


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

USD Index[1] vs EURUSD
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!