|FX MT4|【Yesterday Breakout button 1.02】


DOWNLOAD >>


Yesterday Breakout Button 1.02


|無料インジケーター|
前日の「高値・安値」を基に、指定した「通貨ペア」を一覧で監視するモニターを設置してくれます。


価格が前日の「高値・安値」を超えた「通貨ペア」のパネルが点灯し(指定色に変更)お知らせしてくれます。また、このインジケーターには「通貨ペア」変更機能もついています。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

相場全体を監視するのにこれは使えるかもしれません。ボタンで「ON/OFF」機能がついているのも気が利いています。

DIEPHO

一覧系のインジケーターは場所を取りますからね、必要なときに呼び出せる仕様だと利便性がぐんとあがりますよね。ボタンやパネルの位置も細かく設定できますし、とてもユーザーフレンドリーだと思います。


Yesterday Breakout Button 1.02 解説画像


相場の「流れ」を見ることはできませんが、更新波は注目するべき動きです。多くの通貨ペアを一度に監視するのには便利ですね。

DIEPHO

「高値・安値」の更新にはそれなりの力が必要ですからね。相場の動きが出始める時(特にロンドン勢参入時)など一気にパネルが点灯しだしたりします。

このインジケーターの「通貨ペア」変更機能がありますので、動きがあった「通貨ペア」にジャンプする、という使い方はなかなか使い勝手がよいですね。

DIEPHO

警備室で、監視モニターを見ているような感覚で操作できます。気になる動きがあれば、その場所を見に行くというような。隣についている「通貨ペア変更ボタン」、本当に便利です。

使い方は色々考えられそうですが、とにかく面白いインジケーターだと思います。



DIEPHO

ちなみに、このインジケーターは「日足」以下のフレームでは名前の通り「日足」ブレイクを基準にしますが、「週足」以上のフレームではその時間軸のブレイクが基準になります。

つまり、「週足ブレイク」・「月足ブレイク」の監視にも使えるということですね。

DIEPHO

「↑」と、思いましたが、動作がおかしなことになるようです。日足以下で使用しましょう。

申し訳ありません。検証が甘かったようです。

パラメータ/Parameter

Yesterday Breakout button 1.02 Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【BUTTONS】
「通貨ペア」や「時間足」を簡単に変更できるボタンを表示します。
|FX MT4|【Currency-Pairs Slope-Values-Indicator】
指定した「通貨ペア」の全体においての強さを一覧でソートしてくれるインジケーター。
|FX MT4|【Pin Bar Dashboard】
指定した「通貨ペア」の「全時間帯」のピンバーを見張ってくれます。また、出現でのアラート機能。出現場所、時間足へのジャンプ機能もついています。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Yesterday Breakout Button 1.02
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!