|FX MT4|【DaVinci Correlation Panel v1.9】


DOWNLOAD >>


DaVinci Correlation Panel v1.9


|無料インジケーター|
複数「通貨ペア」の相関状態を一覧で示すパネルを表示してくれます。


相関の求め方を以下から選択することができます。デフォルトは「ピアソン」です。※デフォルトで良いと思いますが、こだわりたい方は以下のキーワードで調べるとよいと思います。


・ピアソンの積率相関係数(PCC:Pearson Correlation Coefficient、PPMCC:Pearson Product-Moment Correlation Coefficient、Pearson’s r)
・スピアマンの順位相関係数(Spearman’s rank correlation coefficient)
・ケンドールの順位相関係数(Kendall rank correlation coefficient、Kendall’s τ coefficient)


DaVinci Correlation Panel v1.9 Parameter 相関係数式選択



応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません


「相関性」、又は「逆相関性」にレベルを指定し、上限(下限)超えた2つの「通貨ペア」の相関数値の色を変えて表示してくれます。

DIEPHO

「相関性」を見る時間足は、チャートの「時間足」に同期するんですね。マルチタイムフレームで見るには、チャートの「時間足」の変更が必要です。基本は、自分の主軸となるタイムフレームに合わせておくとよさそうです。

DIEPHO

「相関性」の考え方は難しいですが、身に着けておけば「強み」になります。こういったインジケーターをひとつはもっておいても良いのではないでしょうか。

このインジケーターは、チャートにセットすることでチャート自体は表示されなくなります。専用のウィンドウにして、通貨バランスなどの一覧・監視用に使うということなのでしょう。


パラメータ/Parameter

DaVinci Correlation Panel v1.9 Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【ninety47_CorrelationTable_v1.2.5】
メインチャートで表示する「通貨ペア」との相関性を「マルチタイム」「マルチペア」での監視できる一覧表をチャートに表示するインジケーターです。
|FX MT4|【Currency-Pairs Slope-Values-Indicator】
指定する「通貨ペア」の強弱を一覧でソートしてくれるインジケーターです。
|FX MT4|【Yesterday Breakout button 1.02】
指定通貨ペア全体の値動きを監視するインジケーターです。前日の「高値」「安値」を超えるとパネルが点灯します。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

DaVinci Correlation Panel v1.9
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!