|FX MT4|【Symbol Movement】


DOWNLOAD >>


Symbol Movement イメージ


|無料インジケーター|
複数通貨ペアを「ローソク足」のボラティリティ(高値-安値)・現在地(始値-現在地)の2つの数値から監視するモニターです。


任意の「時間足」を基準として、各通貨ペアの値動きを示します。表示する通貨ペアは予め指定されていますが、「USD,EUR,GBP,AUD,NZD,CAD,CHF」を使った基本的な組み合わせを網羅しています。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

なるほど、数値から「ローソク足」の状態を監視するという訳ですね。表の見方は、右側が当日高値ー安値、つまりボラティリティの数値、左側が始値-現在地の絶対値です。面白いですが、これは中級者以上向けですね。

DIEPHO

たしかに、この数値の関係から「ローソク足」の状態をイメージできないと厳しいですね。いたずらに場所をとるだけになってしまいます。

数値での「見かた」には少しなれが必要とは思いますが、慣れれば一覧で監視できますし「通貨ペア変更機能」や、「新規チャート追加機能」もついてますので結構使えると思います。


Symbol Movement 「jump function」


DIEPHO

そうですね、ちなみに「新規チャートを開く機能」に変更したい場合は、パラメーターの入力「On button Click」で「Open New Chart」を選択します。
その場合、現在の設定は引き継がれないので、個人的にはデフォルトの「Change Current Chart」が推奨ですよ。


Symbol Movement Parameter 「新規チャート追加モード」


監視基準となる「ローソク足」の期間は、デフォルトは日足ですが、このインジケーターはある程度大きなタイムフレームでの使用が良いかと思います。

DIEPHO

期間もデフォルトの「0」で使用することがお勧めです。今の値動きを「4本値」の数値から監視することができます。

思いつく使い方の例としては、まず、ボラティリティを分母とし、「始値」からの「絶対値」を分子と考えると、「ローソク足」の状態を想像することができます。

DIEPHO

例えば、ボラティリティ「分母」が大きいのに対して「始値からの絶対値」分子が小さい場合、その足は「ピンバー」や「大ヒゲ」など、反転を示唆するパターンを作っていることが分かるということですね。(下図参照)

そうですね、逆に等しい場合は「※MARUBOZU」状態で、強い推進力を保っていると推測するなど、いわゆる「キャンドルスティックパターン」を見ることもできます。

※重要な「Candle

|無料インジケーター|海外で人気のローソク足単位でのプライスパターンを検知してくれます。 このインジケーターはスキャンするローソク足の数や、検知するローソク足の「パターン」を選択すること[…]

MQLTA MT4 Pattern Detector
DIEPHO

大きな足でのこれらのパターンの出現は下位足にも大きな影響を及ぼします。下位時間足でも何らかのプライスパターンを作っていることが多いですね。


●|Symbol Movement|:設定期間「日足」、チャートEURGBP「日足」➡「1時間足」の動向

●|Symbol Movement|:設定期間「日足」、チャートCHFJPY「日足」➡「1時間足」の動向


これらの「兆し」を「反転シグナル」と考えるのか、押し目(戻り)と考えるのかはトレーダーによってさまざまとは思いますが大事なのは、そこで現在攻防が
繰り広げられているというところです。

DIEPHO

多くの参加者の思惑が交差する場所はその後の動向に影響を及ぼすポイントともなりますよね。

トレードチャンスを探すために使うのもよし、ブルベアの攻防を観察するのもよし、使い方は色々と考えられますね。


パラメータ/Parameter

Symbol Movement Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Ibuks-BreadnButter-Dashboard】
「移動平均線」を基準とし、「複数通貨ペア」を「マルチタイムフレーム」で監視する一覧表を表示します。
|FX MT4|【Yesterday Breakout button 1.02】
「前日の高値・安値」を基準とし、「複数通貨ペア」を「マルチタイムフレーム」で監視する一覧表を表示します。
|FX MT4|【Pin Bar Dashboard】
指定する「全通貨ペア」「全時間足」でのピンバー出現を監視するかなりパワフルなインジケーターです。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Symbol Movement イメージ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!