|FX MT4|【AutoFibu button】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
指定した期間の「高値」「安値」から自動的にフィボナッチ リトレースメントを引いてくれます


上限、下限付近にゾーンが表示されます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

フィボナッチリトレースメントユーザーに人気の「AutoFibu」にON/OFFボタンがくっつきました

操作性のところですが、「ON/OFF」ボタンの設定が、表示中のシンボル(通貨ペア)を変更しても継承されるのがいいですね。

DIEPHO

はい、だから通貨ペアの選別にフィボナッチを利用している人には使いやすいと思います。

DIEPHO

まず、期間を指定して、その期間の高値・安値を使用します。「Show StartLine」を「true」にすると、期間のスタート位置にV ラインが表示されます。


期間スタートラインの設定

期間の設定


DIEPHO

大きな波を把握できるように設定すると、よいと思います。相場の位置関係を考える時に、迷子になりにくくなると思うので。

DIEPHO

フィボナッチの「高値」「安値」を結ぶラインを表示することもできます。不要の場合、パラメーターには「5」を入力してください。


フィボナッチライン「高値安値」

フィボナッチライン パラメーター設定



線の設定
0「Solid」1「Dash」2「Dot」3「DashDot」4「DashDotDot」5「なし」


これは好みだとは思いますが、個人的には邪魔だから消せるならその方が良さそうではあります。

DIEPHO

パラメーターの「Channel」を「true」にすると、設定期間を利用したバンドが表示されます。

DIEPHO

たとえば「↓」の場合、「最大1000期間」の緑のラインをぶち破って、高値を更新中だということが良く分かります。


1000期間バンドブレイクイメージ


DIEPHO

ちなみにバンドの色は、パラメーターではなく、「色の設定」で変更ができます(線の種類は変更できません)

バンド色の設定(線種は変わりません)

DIEPHO

こちらは付加機能ですので、お好みでご利用ください。


パラメータ/Parameter

AutoFibu button Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Zone Indicator 2】
マルチタイムフレームの、サポート(レジスタンス)ゾーンにボックスを表示
|FX MT4|【support-resistance new】
マルチタイムフレームの「ZigZag」の転換点にラインを表示
|FX MT4|【FibTool3】
フィボナッチを使ったラインをかなり細かくカスタマイズ


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!