|FX MT4|【M-Candles button】


DOWNLOAD >>


M-Candles


|無料インジケーター|
上位足の「ローソク足」をチャートに重ねて表示


ボタンで、「表示・非表示」の切り替えが出来ます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

上位足の「ローソク足」を表示する人気のインジケーター「M-Candles」に表示の「ON/OFF」切り替えボタンが付きました。


それぞれのボタンに名前を付けることが出来ます。


上位足の「ローソク足」オーバーレイインジケーターは、根強い人気ですね。ユーザーも多そうです。

DIEPHO

自分も昔は使っていました。「上位足」のローソク足の形状が良く分かりますし、抵抗帯も明確になりますよね。

たしかに、ただし存在感がある程度大きいので、邪魔という人もいるみたいですよ。

DIEPHO

はい。水平線などを加えていくと、特にそうなってきますよね。


特に水平線を多用すると、チャートが見づらくなってきます。


正直なところ、上位足の形状をある程度頭の中で想像できるようなら、無くてもいいかもしれませんね。

DIEPHO

でも、同系インジケーターを長く使用している人は見方に慣れてしまってますから。

それで、「ON/OFF」切り替えボタンの登場ですか。

DIEPHO

このインジケーターは、複数同時使用ができますので、パラメーターの設定で、それぞれのボタンに名前をつけてあげれば使いやすいと思います。


ボタンに表示する名前を入力します


なるほど、チャートの時間軸に合わせたい「上位足チャート」をボタンで「表示・非表示」させればいいということですね。



DIEPHO

とかく「ON/OFF」切り替えボタン追加のニーズは多いのです。


★one point 「上位足オーバーレイチャートに関して」
「上位足ローソク足」をチャートに重ねる類のインジケーターは、上位足の「プライスアクション」や「小規模抵抗帯」などを見る際に有効です。しかし、それで「上位足の環境認識」をしようとするのは危険です。街を歩くのに日本地図を開くようなことになり、誤った環境認識をすることになりかねません。「上位足ローソク足」が気になるアクションをしているときなど、上位足環境が気になるときは、必ず上位足チャートで分析し直すことを推奨します。(私見)


パラメータ/Parameter

M-Candles Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Candles_in_Subwindow_MTF】
サブウィンドウにマルチタイムフレームの「サブチャート」を表示。サブチャートはメインチャートの横軸に同期します。
|FX MT4|【second-chart-indicator_v1.00j】
マルチタイム・マルチシンボル(ペア)のセカンドチャートをサブウィンドウに表示。上位足の横軸は同期しません。
|FX MT4|【DutchCandle】
サブウィンドウに、始値を基準値とした「ローソク足」を横並びり表示。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

M-Candles
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!