|FX MT4|【Averages ribbon 3】


DOWNLOAD >>

Averages ribbon 3(画像)


|無料インジケーター|
多くの種類から選べる2本の移動平均線を利用して、相場の方向で色が変わる移動平均を表示してくれます。


2本の移動平均線を利用し、短期ラインが長期ラインを交差(ゴールデンクロス・デッドクロス)すると色が変わります。移動平均線はSMA(単純移動平均線)、EMA(指数平滑移動平均線)のほか、非常に多くの種類を指定することができます。又、このインジケーターはマルチタイムの設定が可能です


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

移動平均線の色が変化するので、短期相場の方向性や押し目が視覚的に見やすくなりますね。ロジックがシンプルがゆえに役立ちます。好みでしょうけど、パラメータで基準の線(グレイ)を消して使用するとよりチャートがスッキリします。

DIEPHO

移動平均線のクロス(ゴールデングロス/デッドクロス)を意識して、色が変わるインジケーターは本当に多いですね。このインジケーターはクロスさせる移動平均線の種類が豊富に選べますので、移動平均線の種類・個性を試してみることができます。

「移動平均線」は非常に単純なロジックで初心者でも扱いやすいです。もしトレードに慣れていない方なら、こういった単純なインジケーターを「時間軸を大きくしてみたり、小さくしてみたり」することで複数の視点を持つことができます。MTF(マルチタイムフレーム)分析に慣れるのに良いかもしれませんね。

DIEPHO

MTF分析のポイントは近すぎない時間軸を使うこと 例えば「15分足と30分足」のペアは異なる波を見るのには適していません。「15~30分足なら4時間足」とペアにするくらい間隔をあけて使用すことをお勧めしますよ(私見)


パラメータ / Parameter

Averages ribbon 3 Parameter


インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【2-ema-color-alerts-indicator button】
2本のEMA(指数平滑移動平均)を使用し、ゴールデンクロス(デッドクロス)で線の色が変わる
FXトレード / チャート分析【AllHeikin-Ashi-subwindow_v2.6-600-1】
サブウィンドウに平均足スムーズドを表示。マルチタイムフレームに対応しています。
FXトレード / チャート 分析【Heiken_Ashi_AutoWidth】
チャートの拡大縮小に合わせて拡大縮小フィットする平均足

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Averages ribbon 3(画像)
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!