|FX MT4|【Rsi heatmap 1_1】

DOWNLOAD >>


Rsi heatmap 1_1 イメージ


|無料インジケーター|
「RSI」を使用して、「マルチタイムフレーム」・「マルチペア」での相場の過熱感を一覧にしたパネルを表示する


任意で設定するRSIの「上限ラインより上」、「下限ラインより下」、「上限・下限ラインを超えていない状態」の分別でパネル内のセルを色分けしてくれます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

さていきなりですが、多くのトレーダーが、「マルチタイムフレーム分析」を意識し、取り入れていると思いますが、「マルチペア分析」に関してはどう思いますか?

DIEPHO

「マルチタイムフレーム分析」はトレードの基本中の基本ですね。でも「マルチペア分析」に関しては難易度や複雑さがぐっと上がるから、そういう考え方自体を深堀する人は実はあまり多くない気がします。

そうですね、「マルチペア分析」は単に「複数の得意な通貨ペアを監視する」という狭い範囲の意味から「それぞれの通貨ペアの個性・相関性などを把握した上で多くの相場を相対的に見て分析する」というちょっと高度な分析方法まであります。

DIEPHO

それを独立した分析ではなく、前述の「マルチタイムフレーム分析」はもちろん、各々の相場(通貨ペア)にあったロジックたちを掛け合わせて分析していくことになるのだから、嫌厭する気持ちはすごく分かります。

DIEPHO
ベースとなる知識や経験が体に染みついていないと、ちょっとできませんよね。逆に頭が混乱してしまうかもしれません。

混乱 イメージ画像


そう思います。ただし、経験のある人でも多くの通貨ペアをずっと監視し続けるのはさすがにパワーがいるものです。しかし、監視していなければチャンスを逃しかねません。

DIEPHO

そうですよね、2桁数の通貨ペアを監視する人も少なくないですからね。チェックするべき通貨ペアをフィルタリングする意味でもこういった「通貨ペアの状況一覧」的なものがあると手助けになりますね。

まぁもちろん「使い方」は色々とあると思いますが、私はそんな風に考えています。ちなみに同類のインジケーターはいくつかありますが、挙動がそう大きく変わるわけではないので、カスタマイズ性や見やすさを基準に選べば良いと思います。

DIEPHO

このRsi heatmap 1_1の特徴は、「通貨ペア」や「タイムフレーム」「RSIの期間」「上限・下限ラインの数値」を自分の好みでアレンジが出来ることはもちろん、インジケーターの「各項目の色」や「パネルの位置」、そして「パネルを表示するウィンドウ」まで指定できることですね。

設定の仕方にもよると思いますが、ある程度場所をとるインジケーターですからね、最近は「左上・右上・右下・左下」のコーナーと、コーナーからのX軸位置、Y軸位置を設定できるインジケーターも増えてきていますが、加えてウィンドウを選択できるものは確かに「希少」だと思います。

※設定は「パラメーターの入力」画面からWindow to use for displayの項目を以下で指定します
メインウィンドウ:指定数値(0)
サブウィンドウ1:指定数値(1)
サブウィンドウ2:指定数値(2)

今回紹介しているインジケーターが計算に使用している「RSI」に関してはこちらのページに解説があります。
マルチタイムフレーム分析についての解説はこちら


パラメータ/Parameter

Rsi heatmap 1_1 Parameter


インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※詳しいインストール方法(動画有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【daily_data_3_1】
「スワップ」「スプレッド」など、FXトレードに欠かせない大切な情報を分かりやすく表示してくれる。
trade-day
チャート上に「1日の高値・安値」で区切ったボックスと曜日を表示してくれる。
ninety47_CorrelationTable_v1.2.5
メインチャート上の通貨ペアに対して、指定した「通貨ペア」「時間足」の相関性を一覧で表示してくれる


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Rsi heatmap 1_1 イメージ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!