|FX MT4|【MA_Crossover_Breakout_Lines_All-2】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
「期間の違う移動平均線」を使用し、抵抗が出来そうな場所にラインをひいてくれます。


「種類」や「期間」を指定できる2つの「MA(移動平均線)」を利用し、「期間の短いMA」が「長いMA」を交差した場所にラインが引かれます、又パラメータの設定でラインブレイクでシグナルやアラートを指定することができます。


応用難易度 ★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

「移動平均線が交差する場所」は市場参加者の出来高が集まりやすい場所です。おのずと、そこは意識されるレートになるわけです。ロジックはシンプルですが 反発ポイントとしては比較的優秀なのではないでしょうか。

DIEPHO

上の図のような相場であれば、「押し目」「※リテスト)」を見るポイントとしても使えますね(もちろん「上位足チャート」のチェックは必須です)。マルチタイム設定が出来ますので、上位足のラインを使用するとより効果的なのではないでしょうか。

リテスト(ブレイクワンタッチ)
:ブレイク後の押し(戻り)を待ち、サポート(レジスト)を確認してのエントリーの仕方

リテスト(画像)

これは個人的な意見ですが、ロジックを理解したら、「MA部分」は「パラメーターの設定」で消した方がスッキリしてよいかもしれないです。「うにゃうにゃした線」が多くなると肝心なキャンドルが見づらくなります。

パラメータ / Parameter

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。




「反発ポイント」での逆張りエントリーについて考える

相場には様々な場所に「反発する場所」があります(サポートライン、レジスタンスライン)。その利用の仕方はトレーダーによってさまざまと思いますが、「反発を予想した逆張りトレード」には注意が必要と思っています。初心者の方は「逆張りトレード」に偏りがちと思いますが、逆張りトレードは簡単なようで難しいトレードです。

「上位足の相場感と照らし合わせて考える」(あくまで、押しや戻りポイントの基準として利用する)、「リスクリワードの値を考えて、損切地点を浅く設定する」、など相場に合わせたロジックが持てないのであれば、するべきではないと思っています。慣れないうちは「利益確定ポイント」の参考として利用するほうがよいかもしれません。(まぁ…ただの私見ですが。)


抵抗ライン(イメージ)

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート 分析【II_SupDem_v2.33s2o】
マルチタイムフレームに対応した、サポート・レジスタンスゾーンを自動で描く
FXトレード / チャート分析【Mano Rounder】
相場参加者の多くが意識する「ラウンドナンバー」に自動で線を引いてくれる
FXトレード / チャート 分析【Double-Tops-Bottoms】
「ダブルトップ」・「ダブルボトム」が出現した場所にラインをひいてくれる

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!