|FX MT4|【MZZ9 button】


DOWNLOAD >>


MZZ9 button


|無料インジケーター|
マルチタイムフレームの「ZigZag」を同時に表示。


「ZigZag」は、チャート上(デフォルトは左上)に表示されたボタンで「ON/OFF]切り替えできます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

相場は波で出来ていて、それぞれの波には更に小さな波が含まれます。

いわゆるフラクタル構造ですね。

DIEPHO

はい「ZIGZAG」は、相場の「高値・安値」、ダウ理論で言う「トレンドの認識」を非常に分かりやすくしてくれるインジケーターです。

●ダウ理論「トレンドの定義」に関してはこちらをご参照ください。

|無料インジケーター|「ZIGZAG」の持つ波の転換点を4つに分類するインジケーター 「高値更新波」の頂点を「HH」、「高値を更新できなかった波の頂点」を「LH」、「安値更新波」の底を「LL」、「安値を更新でき[…]

DIEPHO

仕組みは、単純に言えば一定期間の「高値と安値」を結ぶラインですが、表示する時間足でとらえる波の大きさが変わります。

それを1枚のチャートに同時に表示しようというのがこのインジケーターということですか。


4つの視点から見るトレンド


DIEPHO

上位足のトレンドを同時に意識することで、トレンドの認識をマルチタイムで行うことができます。

恐らく、ビギナー向けでしょうか。慣れないうちは「高値・安値」が作る相場の波を認識するサポートになるでしょう。

DIEPHO

このインジケータでは複数の線が同時に表示されるので、チャートが見えにくいときは、ボタンで「表示/非表示」切り替えをしましょう。

慣れてくれば、「インジケーター」を外しても、同じように分析が出来るようになるでしょう。

DIEPHO

パラメーターの設定は左から1分足、5分足・15分足…。と、「,」で設定する仕様です。ラインカラーの変更はこちらで行います。「Deviation/Backstep」などについては特に変更する必要は無いと思います。


ラインカラーの設定


DIEPHO

また、showZigZagの数値を変更することで、ZigZagの表示モードを3種類から選ぶことできます。指定値「0」「1」「2」



パラメータ/Parameter

MZZ9 button Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【ZigZagWithChannels】
「ZigZag」ラインを基にチャネルを描く
|FX MT4|【ZigZag-close】
「終値」を基準価格にした「ZigZag」。大ヒゲなどの突発的な動きを排除できます。
|FX MT4|【zulufx_HHLHLLHL2】
「ZigZag」が描く波の「高値・安値」を「HH,HL,LH,LL」の4つに分類


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

MZZ9 button
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!