|FX MT4|【zulufx_HHLHLLHL2】


DOWNLOAD >>

インジケーターイメージ


|無料インジケーター|
「ZIGZAG」の持つ波の転換点を4つに分類するインジケーター


「高値更新波」の頂点を「HH」、「高値を更新できなかった波の頂点」を「LH」、「安値更新波」の底を「LL」、「安値を更新できなかった波」の底を「HL」とわかりやすく表示してくれます


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

ダウ理論の高安値の「切り上げ」、「切り下げ」がとてもわかりやすいですね。トレンド発生の波、トレンド終了の波、その他の波の持つ意味が、ビギナーの方でもつかみやすいと思います。すでに身体に沁みついている方にはちょっと邪魔かもしれません(笑)
DIEPHO
高値安値がつくる「チャートの波」への意識を身に着けるのには良いインジケーターだと思います。ダウ理論の高値・安値はトレーダーが最も重視するロジックのひとつです。

パラメータ / Parameter


インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。



ダウ理論6つの原則

ダウ理論には6つの原則がありますが、その中でも高値と安値の関係を基にした上昇トレンドと下降トレンドの定義が最も有名だと思います。
トレンドの発生と転換の定義:為替相場のトレンドは明確な転換サインが出るまで続く

    上昇トレンド
    相場の波が直近高値と直近安値をそれぞれ切り上げたとき

    下降トレンド
    相場の波が直近高値と直近安値をそれぞれ切り下げたとき

    上昇トレンドの転換
    直近高値と直近安値をそれぞれ切り上げられず、さらに直近安値を下回ったとき

    下降トレンドの転換
    直近高値と直近安値をそれぞれ切り下げられず、さらに直近高値を上回ったとき

ダウ理論イメージ

ダウ理論6つの原則(ロジック)

1)平均はすべての事象を織り込む

株式の平均価格は、世界の経済動向、経済指標、政策、要人発言、地政学、あらゆるファンダメンタルズの情報”を織り込んでいるとし、「チャートの価格こそが全てである」といった考え方。

DIEPHO
これをもって「だからファンダメンタルズは全く考えない」といった極端な人がいるようですが、「なんで?」と思ってしまいます。

2)3種類のトレンド

相場のトレンドを1年~数年スパンの「主要トレンド」、数週間から数か月間の「二次トレンド」、それ未満の「小トレンド」の3つに分類し、それぞれのトレンドが相互に関連をもっているという考え方

DIEPHO
FXでも相場の波の大きさを色々な時間軸で分析することは非常に重要とされています。いわゆるMTF(マルチタイムフレーム)分析です。自分のトレードがスキャルであろうと、スイングであろうと。全てのトレーダーが意識するべきポイントと思います。

3)主要トレンドの分類

2の「主要トレンド」を「先行期」「追随期」「利食期」の3段階に分類しています。

「先行期」

少数の投資家が底値で買ったり、天井から売ったりするトレンド発生の極初期段階

「追随期」

上昇、または下落を見た他の投資家が、ポジションを作り、相場が加速する段階

「利食期」

トレンドの終息局面。先行期にポジションを持った投資家が利益を確定し、徐々に逃げ去っていく段階

DIEPHO
ここはまさに「頭と尻尾はくれてやれ」ですね。個人投資家が先行者になるのは困難です。欲張らず胴体を狙っていくことが、安定した収益につながるのではないでしょうか。私たちが狙うべきは追随期ということでしょう。

4)平均は相互に確認されなければならない

それぞれの分野での株価平均価格は、相互に関係する(相関性・逆相関性など)平均価格の確認をもってトレードするべきという考え方。

DIEPHO
ここでは、各分野の平均価格のことを言っているようですが、FXでも様々なペアにそれぞれ相関性を確認することができます。(普遍的なものではありませんが)長くトレードしている方はやはり、通貨ペアごとのチャート分析とその相互関係を分析に落とし込んでいる人が多いです。

5)トレンドは出来高でも確認されなければならない

強いトレンドが発生するとき、それに出来高が伴っていることを確認するべき、という考え方。

6) トレンドの定義、為替相場のトレンドは明確な転換サインが出るまで続く

前述のとおり。

DIEPHO
チャート分析でよく使われる「ダウ理論」というとこの、高値・安値の関係性から定義するトレンドのことを指すことが多いですね。

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【TrueTL V1.01】
相場の高値・安値、更新波を基にしたトレンドラインを自動で描く
FXトレード / チャート 分析【High – low trend 3.01(mtf + alerts) button】
ハイローバンド(ドンチャンチャネル)をマルチタイムフレームで利用できるインジケーター。アラート機能付
FXトレード / チャート 分析【II_SupDem_v2.33s2o】
反発精度の高いサポート(レジスタンス)ゾーンをマルチタイムフレームで表示

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!