|FX MT4|【nn_Crosshair_Sync_2_1_3】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
十字カーソルを他のチャートに同期して表示してくれます。


インジケーターをセットすると、チャートの隅にボタンが表示されます。このボタンまたは、ショートカットキーを使い全チャートに同期するカーソルを「ON/OFF」することができます。
(ショートカットキーのデフォルトは「t」です)


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

使ってみればこの良さがわかる、「チャートの検証の時」に絶大的な威力を発揮するインジケーターです。マルチタイムフレーム、もしくは他通貨との相関性の分析など、飛躍的に快適になります。

DIEPHO

上の図では、「GBPUSDの15分足」と、「4時間足」、「GBPAUDの30分足」のチャートにクロスカーソルを表示させていますが、トレードに慣れてくると、より多くのチャートを同時に監視することになります。そして「モニターを増やすごと」に同時に監視できる「通貨」「表示範囲」は更に広がります。

監視チャートが増えると、「マルチタイムフレーム」分析が結構しんどくなってくるんですよね。とある「ポイントとなる場所」が「関係しそうな別の通貨」・「別の時間軸」ではどういった環境になっているのか、分析にパワーが必要になるんです。

DIEPHO

そういったとき、こういう同期系のツールはとっても役に立ちますね!!。MT4は標準では全チャートに同期するクロスカーソル機能がないので、このインジケーターは重宝すると思います。


パラメータ/Parameter

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【TrueTL V1.01】
相場の高値安値を基に定義した複数のトレンドライン(アウタートレンドライン・インナートレンドライン)を自動で描写
FXトレード / チャート分析【daily_data_3_1】
「スワップ」「スプレッド」「通貨ペア」の他、指定範囲のボックス背景や「ローソク足」確定までのタイマーなど、ひとつ入れておくと複数チャートの分析が早くなる
FXトレード / チャート 分析【BUTTONS separateWindow】
サブウィンドウに、「通貨ペア」「タイムフレーム」を簡単に切り替えができるボタンを表示。「通貨ペア」は任意の選択が可能


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!