|FX MT4|【RSI_Monitor_1.01 button】

プロが「本気で選ぶ」傑作インジケーター・レビュー有


DOWNLOAD >>


RSI_MONITOR image


|無料インジケーター|
1分足~月足まで全てのRSIの状況をドットのカラーで示すモニターを表示してくれます。


RSIの色が変わる上限・下限のレベル(Over sold / over bought ライン)をパラメーター設定で変更することができます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

コンパクトなモニターひとつで、全てのタイムフレームの状況が分かるので邪魔にならないところに置いておいても良いかもしれません。このモニターを直接的にトレードに活かすことは難しいかもしれませんが、パッと見でMTFでの相場状況が分かりやすくなりますね。

DIEPHO

「このモニターを使ってトレードチャンスを待つ」というよりは、「マルチペア・マルチタイムフレームでの相場環境のチェック」など、チャート絞り込み前の作業を軽減するものとして活用できそうです

ただし、一般的な利用法(相場の過熱感を示すものとしての使い方)をする場合は注意が必要かと思います(安易な逆張りは地獄行き)。オシレーターは使い方によっては非常に危険なトレードを誘発します。

DIEPHO

RSIやオシレーターに関しては「RSI/Oscillator(オシレーター)+コラム:オシレーターに対する恨み」にいくつか解説と体験談を載せていますので、良かったら併せてご覧ください。


パラメータ/Parameter

RSI MONITOR Parameter


インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート 分析【BUTTONS separateWindow】
「通貨ペア(指定可能)」「タイムフレーム」をワンクリックで変更できるボタンを「サブウィンドウ」に表示する。
FXトレード / チャート 分析【RSI_Candle OverBought-Sold】
「RSI」を利用し一定期間での「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」ゾーンで「ローソク足」の色を変える。
(満載!!)FXお役立ち情報
FX全般に関する用語・トレード用語・お勧めFX会社・お勧めソフトウェア等の情報満載!!


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

RSI MONITOR
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!