|FX MT4|【Hull-Master-Mtf-Indicator】


DOWNLOAD >>


Hull Master Mtf indicator 画像


|無料インジケーター|
マルチタイムフレームでの設定が可能な HMA (ハル移動平均線)です。


「トレンドの切り替わりで色が変わる」、「アラート機能」、「トレンド転換地点にライン表示(ON/OFF機能あり)」、「移動平均線のシフト」など、多彩な機能を搭載しています。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

MA(移動平均線)には本当に多くの種類があります。それぞれ良し悪しがあると思いますが、「どれが一番効くのか?」などという議論にあまり意味はないと私は考えています。

DIEPHO

そもそもMA一本で勝負することなんてないですもんね。各インジケーターやロジックはその個性を生かして「その場その場」、又は「他のインジケーターと一緒に」最適な組み合わせを作っていくことが大切だと思います。

つまり、移動平均線と一口にくくられていても、「期間・タイムフレーム・計算方法」が異なれば、全く違うロジックに組み込むことができるということです。そういった点でも、それぞれの移動平均線の個性を知っておく必要があります。



DIEPHO

ここで紹介しているインジケーターに使用される「HMA(ハル移動平均線)」は特に価格への追従性が高いことで知られています。ただし、価格追従性が高いということはその分ダマシが多くなるということでもあるので、通常このタイプの移動平均は「環境認識」には向かないかもしれませんね。(私見)

そうですね、むしろもっと細かいところ、例えば「エントリートリガー」の一つとして利用するのはどうでしょう(私見)。「Hull-Master-Mtf-Indicator」にはアラート機能が付いている他、カスタマイズ設定もそこそこありますので、色々と試してみるとよいと思いますよ!!

PS、HMAは、相場のうねりが非常に頻繁に発生しやすく、アラートの発動条件が低いため「アラート機能をON」にしておくと結構鬱陶しくなる場合もあるかもしれません(私的感想)。


パラメータ/Parameter

Hull Master Mtf indicator Parameter

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


※インジケーターのインストール方法に関してはこちらのページをご参照ください(動画有)


HMA(ハル移動平均線)/WMA(加重移動平均線)

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


※インジケーターのインストール方法に関してはこちらのページをご参照ください(動画有)

HMA(ハル移動平均線)とは

Hull Moving Average オーストラリアのアラン・ハルが開発した移動平均線。下の「4種類の移動平均線の比較」を見てわかるように、多くの移動平均線の中でも特に価格への追従性が高いことが特徴です。

HMAの計算式には期間の異なる2本の加重移動平均(WMA)が使われます。


WMA(加重移動平均線とは

加重移動平均線は過去よりも直近の価格を重視した移動平均線で、EMA(指数平滑移動平均線)同様、「直近の価格追従性」がSMA(単純移動平均線)に比べて高い移動平均線となります。

 EMA・SMAに関してはこちらを参考にしてね!!


WMAの計算式
WMA {当日値✕(N)+前日値✕(N-1)+前々日値✕(N-2)}・・・÷{N+(N-1)+(N-2))・・・}

※Nは移動平均の設定期間

少し分かりにくいと思いますので、実際に上の計算式に数字を当てはめてみます。

EX:WMAの期間設定を以下の1/1~1/3の3日間とした場合

  • (1日目)1/1・・・(価格)90
  • (2日目)1/2・・・(価格)100
  • (3日目)1/3・・・(価格)110

(110*3)+(100*2)+(100*1)÷(3+2+1) = 330+200+100 ÷ 6 = 105

直近に比べて2日前の価格は比重がかなり下がっていることがわかりますね。


HMAの計算式(計算式にWMAを使用)
HMA = (Nの半分期間のWMA✕2)-(N期間のWMA)

10日間を設定した場合、直近5日間のWMA✕2倍-10日間のWMAという計算です。WMAより更に直近の値動きに重きが置かれていることが分かります

4種類の移動平均線の比較(設定期間50:SMA(白)・EMA(金)・WMA(緑)・HMA(赤)

50日移動平均 SMA(白)・EMA(金)・WMA(緑)・HMA(赤)


HMAは期間が短いと、ほぼ平均足と同じような動向を示します。

12期間HMA+平均足


DIEPHO

注意したいことは、追従性が高いから良いという訳ではないということ。ここまで価格に追従してくるとSMAなど通常の移動平均線とは違った視点での利用を検討することになると思います。その個性を生かした使い方を試してみましょう。

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ
AllHeikin-Ashi-subwindow_v2.6-600-1
平均足を平滑化したバンドをサブウィンドウに表示し相場の大まかな方向性を示す。マルチタイム対応。
MA_Crossover_Breakout_Lines_All-2
「種類」や「期間」を指定できる2つの「MA(移動平均線)」を利用し、2つが交差した場所にラインが引かれます。アラート機能付き。
2-ema-color-alerts-indicator button
2本の色の異なるEMA(指数平滑移動平均)を表示。ゴールデンクロス(デッドクロス)で色が変わります。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Hull Master Mtf indicator 画像
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!