|FX MT4|【TimeFrame Sync v2.1】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
「時間足」「チャートの移動」「シンボル(通貨ペア)」などを同期。


同期するのは、インジケーターをセットしたチャート同士に限られます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

過去分析にも、トレードにも使えるかなり便利な、「MT4」裁量分析サポートインジケーターです。

「時間足」や、「通貨ペア」、「動作」、「チャートタイプ」など、色々ありますが、必要なものだけを選択して同期させることができるのがいいですね。


TimeFrame Sync v2.1 Parameter 同期項目


DIEPHO

多くの同期系インジケーターは、「MT4」に表示している全てのウィンドウを同期するように動作しますが、これはインジケーターをセットしたチャートだけが同期されるのも特徴ですよ。

面倒と思うか、便利と思うかはユーザー次第と思いますが、個人的にはこちらの方が使いやすいですね。少しだけ設定の手間がありますが、その分融通が利きますからね。

DIEPHO

チャートを複数の視点で見ようとするときに、それぞれ見るポイントが変わりますよね。沢山のシンボルを監視するので、自分もこちらの方が好きです。

マルチタイムで見るのか、マルチ指標(インジケーター)で見るのか。それとも、マルチシンボル(通貨ペア)で見るのか。色々な使い方が出来ると思います。

このインジケーターで個別に設定できる項目

(同期させたいチャートのパラメーターを相互に「True」に設定する必要があります)


SyncChartMove ture
チャートの動き(現在位置)を同期。この場合、チャートの自動スクロールを双方停止する必要があります。



SyncChartType true
「ローソク足」「ラインチャート」「バーチャート」などの設定を同期。



SyncCharZoom true
チャートの拡大率を同期。



SyncChartSymbol true
チャートのシンボル(通貨ペア)を同期。



SyncChartPeriod true
チャートの時間足を同期



パラメータ/Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Object_Select_1_Click】
MT4操作シンプル化ツール。チャートに表示されたオブジェクトを1クリックで選択(編集)
|FX MT4|【Rulers】
「期間」「ローソク足数」「pip」数などの情報を載せた、トレンドラインやレクタングルを描くツールボックス。
|FX MT4|【26FM1 – Chart MarkerUp】
ライン、レクタングル、フィボナッチなど、裁量トレードの際使用頻度の高いオブジェクトの描画ツールバー


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

TimeFrame Sync v2.1
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!