|FX MT4|【USD against all】


DOWNLOAD >>


USD against all


|無料インジケーター|
「USD」を基軸として、他通貨のリアルタイムの強弱を示すメーター


シンボルは、「EUR」「GBP」「AUD」「NZD」「CAD」「CHF」「JPY」。※シンボルの指定をアレンジすることはできません。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

米ドルは、世界の基軸通貨でもあり、多くのトレーダーが米ドルを気にしながらトレードをしています。

DIEPHO

そしてこのインジケーターは「主要シンボルと米ドルの関係性」をとても分かりやすく示してくれます。

DXYのようなものでしょうか?

DIEPHO

考え方はDXY(ドルインデックス)と似ていると思うのですが、他シンボルに対する「USD」の動向を見る[DXY]に対して、[USD]に対しての他シンボルのがこのインジケーターです。

DIEPHO

ドルインデックスと比較してみます。



●「↑」で使用しているDXY

|無料インジケーター|サブウィンドウに「(NYBOT)ドルインデックス」のラインチャートを表示 このインジケーターは、INDEXの指数算出に[EURUSD][USDJPY][GBPU[…]

USD Index[1] vs EURUSD

なるほど、各シンボルの動向がかなり細かく見えますね

DIEPHO

使用感としては、その瞬間ごとの売買を捉えているイメージで、結構細かく入れ替わります。相場の傾向性を捉えるよりも突発的な動向を探るイメージになりそうです。

DIEPHO

実際に1分足チャートのDXYと比較しても、かなり細かい値動きを確認することができます。



たしかに、インデックスとは似て非なるものですね。

DIEPHO

ドルを基軸に考えたとき、相場が何を仕入れて、何を手放しているのか。見やすさはありますが、これは初心者には結構難しいかもしれませんね。

そうだと思います。相場の印象をイメージして時間ごとに経過を残せる人。経験者向けな気はします。

DIEPHO

また、このインジケーターはマルチタイムフレームに対応しています。結構目まぐるしく動くので、長めの時間足(日足とか)での利用がいいかな、と個人的には思いました。


●ドルインデックスとは
「ドル指数」「DXY」とも。主要国通貨全体に対しての米ドルの相対的な強さを指数化したチャート。例えば「USDJPY」のように、JPYに対してのドルの強さではなく、複数の通貨ペアとの相対性を使い算出するため、全体的(国際的)なドルの価値(強さ)を見ることができます。NY商品取引所(NYBOT:現「ICE Futures U.S.」)や米国連邦準備理事会(FRB)、国際決済銀行(BIS)など、作成主体によってその計算に使われる通貨構成や割合は異なるため、若干の相違があります。※基本的にはEURの占める割合が高い。



パラメータ/Parameter

USD against all Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Dashboard_Multi WPR_2】
WPR(オシレーター)を基に、複数シンボル(通貨ペア)の強弱をマルチタイムで監視するダッシュボード
|FX MT4|【FFx_Universal_Strength_Meter】
マルチタイム・マルチシンボルで通貨の強弱を、複数のインジケーターから選択して監視する。
|FX MT4|【CCFp_v1.0.2cvert】
サブウィンドウに移動平均線をベースとしたCSM(通貨強弱メーター)を表示。表示シンボルはパラメーターで選択が可能です。

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

USD against all i catch
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!