|FX MT4|【AllPivots_v6.3 600+】


DOWNLOAD >>


AllPivots_v6.3 600+
※イメージ画像は、チャートの背景を「Lavender」にしています。


チャートの背景の変更方法
チャート背景の変更はチャート上で右クリック➡「プロパティ」➡「色の設定」よりおこないます。チャート背景の変更はチャート上で右クリック➡「プロパティ」➡「色の設定」よりおこないます。

|無料インジケーター|
ピボットポイントなど選べるポイントをベースに、ゾーンを色分けするインジケーター


ピボットのベース価格に「前足終値・前足高値・前足安値・前足中間値・MA終値・現在足中間値・・・」など非常に多くの選択肢があります。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

●「PIVOTに関して」の記事はこちら

|無料インジケーター|種類と期間を選べるピボットラインを表示してくれます。 デイリーピボットだけではなく、ウィークリーピボットを指定したり、ラインの表示方法など細かくパラメーターで指定することができます […]

PivotPointsLines_v1.1 button
DIEPHO

ピボットポイントをベースに、「任意の割合で指定できる」レベルを基にゾーン色分けしてくれるインジケーターです。

よくも、悪くも、存在感があるインジケーターみたいですね。常時表示インジだと少し目立ちすぎじゃないですか?

DIEPHO

そうですね、ただ色分け機能は「見せ方」のカスタマイズ幅があるので、他インジとの工夫次第でそんなに邪魔にはならないと思います。

DIEPHO

このインジケーターの特徴はPIVOTの「PP」をベースラインに使用しますが、「SR(サポート・レジスタンス)」にはピボットのベーシカルな計算式を用いず、「任意の割合をパラメーターで指定できる」するところです。


ゾーンの幅:「数値の間を[;]で区切ります。数値が大きい程、ゾーンの範囲は広くなります。」ゾーンの幅:数値の間を[;]で区切ります。数値が大きい程、ゾーンの範囲は広くなります。


なるほど、よくある「PIVOT」とは使い方が違ってきそうですね。

DIEPHO

そうですね、「各ライン」にPIVOTのSRのような根拠がなくなります。でも、必要であればベーシック「PIVOTPOINT」を同時に表示させても邪魔にはならなそうです。


邪魔なので「AllPivots」のテキストラベルを消しておきます。➀邪魔なので「AllPivots」のテキストラベルを消してから、

デイリーピボットを重ねて表示させてみます。➁他インジを使用してデイリーピボットを重ねて表示させる。


●「↑」で組み合わせたインジケーター

|無料インジケーター|指定する範囲の「デイリーピボット」を表示するインジケーター。 オプションで「高値」「安値」「始値」他、のラインを個別で追加表示することができます。 応[…]

SDK-Pivots-nmc

「SRライン」を見るというよりも、「PPライン、etc」をベースとして、相場の過熱感を視覚化しているということなのでしょうか。

DIEPHO

そういう使い方になってくると思います。レベルラインは、パラメーターのデフォルト数値で稼働しても、「有効な反転ポイント」とは思えませんでしたので(私見)。

DIEPHO

考え方はオシレーターに似ているのかもしれません。例えば期間200の「WPR」を表示してみると…


WPR[200] (オシレーター)の動作と比べてみるWPR[200] (オシレーター)の動作と比べてみる


DIEPHO

オシレーターの挙動とある程度リンクします。

まぁ、トレードで「順張り・逆張り」どちらを意識するにせよ、その「相対的な位置」の把握も重要な要素ですからね。

DIEPHO

いわゆる「高く買って・安く売る」という原則ですね。

もちろんそうですが、他に高値(安値)掴みの場合のリスクの大きさを把握するということでもあります。

DIEPHO

つまり「何を基に「高い(安い)なのか」を考えるのもまた重要要素ということですね。

DIEPHO

このインジケーターは、「月」「四半期」「1年」という広い範囲で指定することもできます。チャートに慣れないうちは、自分のトレードスタイル(時間軸)に合わせてこういうインジも面白いのかな、と思いました。

DIEPHO

ちなみに、表示の仕方は2種類あり、ベースラインを中心にシンプルに上下で色分けすることもできます


ベースラインの上下で2つに色分けするベースラインの上下で2つに色分けする


DIEPHO

また、ベースプライスは(終値・高値・安値・中間値)…などなど色々な価格から指定することが出来ます。ベーシックなものは「Previous typical(前足の高値安値終値を使用)」です。


ベースプライスの選定ベースプライスの選定


DIEPHO

色々いじって、使いやすさ・有用性・チャートとの相性など、検証してみると面白いと思いました。


●パラメーター入力の補足について補足
・Source Chart TimeFrame はチャートより小さな時間軸を指定
・Pivot Mode デフォルト「Statistical Pivots」を変更すると、ゾーンの表示がうまくいかなくなります(不具合?)。PPは表示されます。



パラメータ/Parameter

AllPivots_v6.3 600+ Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【PivotPointsLines_v1.1 button】
表示のカスタマイズ性が高いPIVOT。PIVOTの種類や期間が指定可能です。
|FX MT4|【AutoFibu button】
指定した期間の「高値」「安値」から自動的にフィボナッチを引き、「上限・下限」にゾーンを表示してくれます。
|FX MT4|【Rulers】
トレンドラインやレクタングルなど使用頻度の高いオブジェクトに、「期間」「ローソク足数」「Pips」などの情報を載せる


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

AllPivots_v6.3 600+
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!