|FX MT4|【CandleLight】


DOWNLOAD >>


CandleLight


|無料インジケーター|
キャンドルスティックパターン「MARUBOZU」を検知してくれます。


平均値動き対比と、ヒゲと実体の比率を使って判定基準を設定します。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

めずらしい「まるぼうず」を検知するインジケーターです。

たしかに。「まるぼうず」だけを検知し、「まるぼうず」の判定基準を設定できます。まさに「まるぼうず」特化型。

DIEPHO

このパターンは相場に一方的な動きが生じているときのシグナルです。詳しくは↓↓↓をご参照ください。

代表的な「ローソク足」がつくるパターン

|無料インジケーター|海外で人気のローソク足単位でのプライスパターンを検知してくれます。 このインジケーターはスキャンするローソク足の数や、検知するローソク足の「パターン」を選択すること[…]

MQLTA MT4 Pattern Detector

なるほど平均的な値動きからの倍率と、実体とヒゲの比率で、判定基準を設定できるところは良いですね。


「marubozu」の判定基準


DIEPHO

ただし、「アラート機能」は無いので、お知らせ用というよりは分析用になります。

DIEPHO

「まるぼうず」は出現した環境、「タイムフレーム」を考慮する必要はあると思いますが、基本的にはトレンド継続のサインになります。

しかし、場合により「ロンガー」「ショーター」の焼き切り場所に出てきたりもしますからね。「継続」と認識するときは上位足環境認識に沿った判断が必要でしょう。

DIEPHO

そうですね、また、「まるぼうず」は別のパターンの一部になることも少なくないですよね。例えば、「Three inside down(up)」「Engulfing」「Morning star / Evening star」とかよく一緒に出てきます。

DIEPHO

↓↓↓「CandleLight」とパターン検出インジケーター「MQLTA MT4 Pattern Detector」を一緒に表示させてみました。


CandleLight + MQLTA MT4 Pattern Detector


それも含めて「ローソク足」ひとつで判断せずに、複合的に判断する材料とするとよいと思います。

DIEPHO

とてもシンプルで。チャートに分かりやすい表示が出ますので、分析して使い方を模索して見ると面白いかもしれませんよ。


パラメータ/Parameter

CandleLight Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Pin Bar Dashboard】
マルチタイム、複数通貨ペアで「ピンバー」の発言を監視してくれるダッシュボード。
|FX MT4|【mikko_pinbar】
上位足の「ピンバー」発現で、レクタングルを表示してくれるインジケーター。
|FX MT4|【Big_Candle】
その相場に対して大きな「ローソク足」が出現すると、「終値」にラインをひいてくれるインジケーター。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

CandleLight
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!