|FX MT4|【Big_Candle】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
一定レンジの平均値幅に対して、「目立って大きな動きを示した」キャンドルの終値にラインをひく


レンジ幅の期間(Average periods)や、ラインを引くキャンドルの平均幅に対する大きさ(Times the average range)をパラメーター設定で変更することができます。双方数値が大きいほど、発動条件はシビアになります。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

一定期間の平均に対して突き抜けた動きをする場合、そこには何かしらの理由があります。その場所をチャート上に記録しておくという面で、面白いインジケーターではないでしょうか。欲をいうならば、終値だけでなく、始値など他の値にも設定が出来たら◎でした。

DIEPHO

ダウ理論その1「平均は全ての事象を織り込む」の通り、価格の動きにはあらゆる事象が含まれます。大きな値動きには必ず何かしらの原因があり、その原因を考えることは大切です。しかしもう一つ大事なことは、「多くの参加者がその動きに翻弄された」という事実です。

突発的な値動きであればあるほど、逃げきれず含み損を抱えている参加者も多いでしょう。彼らが「耐えきれず損切りされるか?」それとも、「すぐに戻してきて逃げ場をつくるか?」「大きなダマシをつくるか?」など、その後の相場から参加者たちの状況を推測してみましょう。

DIEPHO

良くも悪くもこういった場所には多くの思惑が行きかうことになりますからね。レートがそういった場所近づくにつれ影響は大きくなるはずです。皆がトレードする場所が最適の場所とは限りません。初動を見送り次の動きを推測する、それもひとつの方法かなと思います。

参加者の思惑が弾け、その後その付近に重要な「抵抗帯」が生まれることも少なくない


パラメータ/Parameter

big_candle_Parameter


インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【PinBarAlert-v1】
ピンバーの出現でアラート。ピンバーの定義をパラメーターで設定することができます。
FXトレード / チャート 分析【Double-Tops-Bottoms】
「ダブルトップ」「ダブルボトム」の出現した場所にラインをひく。
FXトレード / チャート 分析【WT_Lineas_v2.5】
ボタン一つで「アラート機能付き」ラインをひくツール。ショートカット機能有。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!