|FX MT4|【true-fractals-bands-mtf-indicator】

DOWNLOAD >>

◉フラクタルを結んでつくるバンドを表示

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!
【true-fractals-bands-mtf-indicator】

自由に期間(規模)を指定できるフラクタルの出現でシグナルを出します。またこのシグナルを結んだバンドを表示することが出来ます。


この記事を読むのに役立つ予備知識・関連記事など

◉Fractal(フラクタル)とは

フラクタルは著名なアメリカ人のトレーダー「ビル・ウィリアムズ」が考案したテクニカル指標の一つです。

この指標は、相場の一時的な高値や安値になる部分を強調するように作られており、5本の「ローソク足」がつくるパターンに注目しています。


フラクタルの定義
UP FRACTAL 1本の「ローソク足」が、両側2本の高値よりも高い
DOWN FRACTAL 1本の「ローソク足」が、両側2本の安値よりも安い

「1本のローソク足」が左右2本よりも飛び出ている

5本の足を使っているパターンということで、この指標は小規模な波の頂点(底)を定義することになります。

反転や、抵抗力を示唆する形といえますが、パターン単体としてはかなり小規模なものになるので、大きな波のトレンドを反転させるようなことはあまりありません。

しかし、短期間で注目が集まるポイントになることは間違いなく、多くのトレーダーがこのフラクタルを一つの基準としたロジックを作ったり考察をしています。


◉フラクタルを見るポイント例
1)トレンド相場では、チャネルラインの上下で生じることも多く、多くのトレーダーに意識されていることの目安となります。
2)アップトレンドにおいてはアップフラクタルが、トレンド継続のネックラインとなる
3)ダウントレンドにおいてはダウンフラクタルが、トレンド継続のネックラインとなる
4)また、レンジ相場では、何度も抵抗されたポイントに出やすくなります。
5)フラクタルが出来た場所が必ず相場の転換点になることは無いが、相場の転換点には必ずフラクタルが出現する。


DIEPHO

フラクタル構造は、相場が波で出来ている限りそこら中に現れますが、それぞれが多くのトレーダーが注目する小さなポイントであることは間違いないと思いますよ。

WingDingsYmbole_Code
◉WingDingsSymbole


高値・安値ラインを先行させてつくるバンド(ドンチャンチャネル)

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【High - low trend 3.01(mtf + alerts) button】 「ZIGZAG」ラインと「ハイローバンド」を表示するインジケーター。「ZIGZAG[…]

High - low trend 3.01(mtf + alerts) button(画像)
ロールリバーサル(レジサポ転換/ターンコート)とは

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【Double-Tops-Bottoms】 ダブルトップ(ダブルボトム)の完成形を検出するというよりも、123パターンに近い。「高値・安値」更新のネックライン意識が高まるラ[…]

Double-Tops-Bottoms

インジケーター詳細・レビュー

応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

フラクタル発生場所にシグナルを出してくれるインジケーターです。

DIEPHO

このインジケーターは、フラクタルの判定期間や時間足を自由に設定することが出来ます。

DIEPHO

また、フラクタルを結んだバンドを表示することもできます。

◉バンド表示の基になる「期間」「時間足」はシグナルとは別に指定することが出来ます。◉フラクタルを結んでつくるバンドを表示

DIEPHO

ちなみにフラクタルはオリジナルの期間では、結構そこら中に発生するので、ある程度期間を大きめに設定してあげる方が使いやすいのかな、と思います。

◉短い期間でのフラクタルはそこら中に発生する◉短い期間でのフラクタルはそこら中に発生する➡判定期間を広くすることで頂点(底)の数が減り、捉える波のサイズが大きくなります。◉判定期間を広くすることで頂点(底)の数が減り、捉える波の大きさが大きくなります。

バンドを利用する場合HLバンドとよく似た指標になりますね。

DIEPHO

そうですね、でも「true-fractals-bands-mtf-indicator」の目玉機能はむしろ期間カスタマイズ性が高いフラクタルシグナルにあると思います(私見)。

DIEPHO

つまりは、自分の視点や規模に併せたフラクタルを分析のサポートとして使うということですが…。

◉ターンコート(レジサポ転換)ポイントを明確にする◉サポートラインとレジストラインのネックラインがとても分かりやすくなります。

◉斜線でもロールリバーサル(レジサポ転換)のポイントが見やすくなります。◉斜線でもロールリバーサル(ターンコート)が見やすくなります。

◉上位足の反転箇所(抵抗帯)の目安として意識する◉1時間足チャートに4時間足のフラクタルのシグナルを表示

DIEPHO

などはよくある使い方ですが、他にも色々と考えられると思います。

フラクタルの発生場所は、小さな波の頂点です。おのずと分析のポイントになりやすいですね。

DIEPHO

必ず無いと分からないポイントではないのですが、チャート分析に慣れるまではこういうサポートが合ってもいいのかな、と思いました。

DIEPHO

このインジケーターは、他にもバンドの横移動や、シグナルの変更など細かいカスタマイズが沢山つまっています。色々いじってみると楽しいですよ。

パラメータ/Parameter

true-fractals-bands-mtf-indicator Parameter

「Fractal – channel breakout 1.01」のサマリー/インジケーターをお勧めしたいユーザー(1位~3位)

高評価(☆)&使用メリットが高そうなユーザー

☆フラクタルの位置がはっきりするのでチャートの小さなポイントが見やすくなる。
1位:トレンドラインを引くのが苦手な初心者の人
2位:ターンコートや抵抗帯を探すのに慣れていない初心者の人
3位:トレンド意識があまり持てていない初心者の人

難評価(★)&必要性が高くなさそうなユーザー

★実際チャートをよく観察できれば、シグナルが必要という訳でもない。
1位:チャートの大小の波を捉えることに慣れている中級者以上
2位:上位足を同時に表示できるモニター環境のある人(枚数・大きさ)
3位:チャートから抵抗帯がすぐにわかる中級者以上

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

動作が軽く、表示カスタマイズ性も高いボリュームプロファイル

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【Volume-Profile-Indicator】 動作がライトで、見せ方のカスタマイズ性が高いボリュームプロファイル。マルチタイムフレームに対応しています。 […]

「POC」「VWAP」ラインの表示
期間の違う2つの移動平均線のクロスを利用して抵抗帯を予測

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【MA_Crossover_Breakout_Lines_All-2】 「種類」や「期間」を指定できる2つの「MA(移動平均線)」を利用し、「期間の短いMA」が「長いMA」[…]

ラウンドナンバーを明確にする表示カスタマイズ性の高いインジケーター

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【Mano Rounder】 ラウンドナンバーを基にラインやゾーンを描いてくれるインジケーター。描かれるラインの種類・色、ゾーンの背景色、プライス表示のON/OFFなど全て[…]

Mano Rounder イメージ

インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれる。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押す。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップする。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

◉1時間足チャートに4時間足のフラクタルを表示
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!