|FX MT4|【HeatMap-Gradient-Scale_2】


DOWNLOAD >>


HeatMap-Gradient-Scale_2


|無料インジケーター|
主要通貨ペアの過熱感を、リアルタイムで「一番強いペア~一番弱いペア」まで、グラデーションで色分けして並べてくれるヒートマップボード。


「USD/EUR/GBP/AUD/NZD/CAD/CHF」のシンボルの組み合わせペアに対応。またマルチタイムで使用できます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

現在の相場全体としての傾向が、ぱっと見ですぐにわかるインジケーターです。

なるほど、各通貨ペアの過熱感をその強さ順に並べてくれるのですね。相場全体の印象と、環境認識、通貨ペアの選定に役立ちそうですね。

DIEPHO

はい、オシレーターや平均線での表示ではないので、過去からの流れを見ることはできませんが、その分現在の順位はシンプルで見やすくなります。


どのシンボルが相場をリードしているのかがシンプルに分かりやすい。


相場を引っ張っているシンボルがとても明確になりますね。

DIEPHO

はい、だから特に多くのシンボルを監視することが苦手な初心者の方などにはお勧めかもしれません。

DIEPHO

ちなみにパラメーターで Sort on value を[False]にすると、分子ペアの(AUDUSDであればAUD)のアルファベット順ソートになります。


アルファベット順に通貨ペアを並べることもできます。
ソート区分を定義


全ての通貨は相互に影響しあっています。単一通貨ペアだけで勝負する場合でも、一枚の相場だけを見ていればよい、とはなりません。

DIEPHO

だから、相場全体の動きを意識できるクセが必要ですよね。このインジケーターは初心者でも扱いやすいと思いますよ。


パラメータ/Parameter

HeatMap-Gradient-Scale_2 Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【currency-slope-strength】
チャート表示中の通貨ペアか、指定する全通貨ペアか、表示の仕方を選べるCSM(通貨強弱メーター)
|FX MT4|【CCFp_v1.0.2cvert】
移動平均線を使用して通貨強弱バランスを見るCSM(通貨強弱メーター)。チャート表示中のラインが強調されて表示されます。
|FX MT4|【Rsi heatmap 1_1】
RSIを利用し色分けするマルチペア・マルチタイムフレームヒートマップボード。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!