|FX MT4|【XU-BORDERS】


DOWNLOAD >>


XU-BORDERS 煩わしい外枠
arrow-下
外枠が無くなりスッキリ。ボタン一つで手軽な操作


|無料インジケーター|
煩わしいチャートの外枠を「非表示・表示」と切り替えるボタンを設置


このインジケーターはひとつのチャートにセットすることで、MT4に表示中の全てのチャートに適用されます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

複数チャートを表示するとき、なんだか邪魔な外枠部分を消すインジケーターです。

たしかに、この外枠部分、「いらない」「邪魔だ」という人多いですよね。文字部分も小さいし。

DIEPHO

そうなんですよね、外枠部分の情報「通貨ペア・時間足の表示」は小さくて色合いも見にくいので、そもそも別のインジケーターで代用している人が殆どです。


小さくて見えにくい表示なので、利用している人は少ないと思います。


●「↑」で使用しているインジケーター

|無料インジケーター|MT4の見にくいタイムフレームと、シンボル(通貨ペア)表示を見やすく表示。 インジケーターをチャートにセットすると、指定した位置にシンボル:時間足が表示されます […]

Time Frame Display V3 i Catch

そうするとますます邪魔に感じてくるこの外枠。

DIEPHO

そこでこのインジケーターです。

DIEPHO

チャートにセットすると、左下に「ON/OFF」ボタンが表示されますが、このボタンはひとつのチャートにあれば、全てのチャートに適応されます。



DIEPHO

この取り回しの気軽さ・簡単さが良いところ。こんな無駄な外枠は「必要な時」だけ表示させればよいのです。

消しっぱなしだと、チャートの最小化や最大化などの操作が出来なくなりますからね。


ウィンドウの移動や消去など、操作が必要なときはONに切り替えましょう


DIEPHO

不要な時は消しておこう、という操作が簡単にできるのが良いなと思いました。

DIEPHO

ちなみにこのインジケーターに「パラメーターの設定」はありませんが、全般タグから「DLLの使用を許可」する必要があります。



インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【SyncScroll】
指定したチャート同士のスクロールを同期させる。
|FX MT4|【TimeFrame Sync v2.1】
インジケーターをセットしたチャート同士の「時間足」「シンボル(通貨ペア)」「スクロール」などを同期させる。
|FX MT4|【nn_Crosshair_Sync_2_1_3】
表示中の全チャートに同期する「十字カーソル」を表示。ON/OFF切り替えボタン付き


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

外枠が無くなりスッキリ。ボタン一つで手軽な操作
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!