|FX MT4|【jDD_Drawingtool】


DOWNLOAD >>


jDD_Drawingtool イメージ


|無料インジケーター|
多機能・ショートカットキー満載のゾーン描画サポートツール


「起点」のあるゾーンや無いゾーン、描画したゾーンの編集機能や、コピー、オールデリートなど、多くの操作をショートカットキーで行うことが出来るようになります。※ショートカットキーはパラメーターの入力で変更が可能です。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

「水平線」や「ゾーン」など、横軸のオブジェクト描画に特化しているのですね。

DIEPHO

トレンドラインには対応していませんが、ラインやゾーントレーダーには、結構重宝しそうな利便性があります。

描画の為のショートカットキーの他、「編集モード」にすると自動でツールボックスが表示されるなど、かなりのこだわりが感じられます。


jDD_Drawingtool tool box


DIEPHO

オーダーライン(ポジションレベル)の表示「ON/ OFF」機能もついています。とにかく「横に引かれるライン」のカスタマイズに神経を集中しているようです。

多機能ゆえの混乱を避ける為でしょうか。「ショートカットキー一覧」を呼び出せる「HELP画面」のショートカットキーまでありますね(笑)


jDD_Drawingtool ショートカットキー一覧(ヘルプ画面)


DIEPHO

全てのショートカットを使うというよりも、自分にとって便利なものを利用していけば良いのかなと思います。

A X Vだけでも十分に快適です。

DIEPHO

ここで紹介している他にも、細かい設定ができるので色々といじって自分好みにカスタマイズするとよいと思いますよ。

高機能だけに使いこなすなら時間がかかりそうですが、慣れたらきっと手放せないインジケーターになるでしょう。

各ショートカットキーは変更が可能です。又、操作対象となるオブジェクトは、このインジケーターを利用して描かれたものに限られます


ESC – Show Help Screen
ヘルプ画面の表示


A – Draw Full WIDTH horizontal line(s) / region 
フルワイドのラインとエリアの描画が出来ます(起点でダブルクリックするとラインを描写。起点から終点を広げるとレクタングルになります。)


SHIFT – Draw line/region(start at mouse cursor)
 起点をマウス操作で指定できるラインとエリアの描画が出来ます


X – Delete last drawn object
最後に描画したオブジェクトを消去します


Y – Delete All Drawn objects 
全てのオブジェクトを消去します


V – Show / Hide all drawn objects 
チャートに表示されているオブジェクトの表示・非表示


B – Show/Hide only drawn LINE/RECTANGLE objects 
描画したラインやレクタングルの表示・非表示


N – Show/Hide only drawn TEXT objects 
描画したテキストの表示・非表示


M – Show/Hide only drawn ARROW objects 
描画した矢印系のオブジェクトの表示・非表示


D – Copy Drawings to all open charts(same symbol) 
MT4上にある、同じシンボル(通貨ペア)のウィンドウにオブジェクトをコピーします


O – Toggle Objects Description On/Off
ラインに表示される価格の表示・非表示


H – Toggle MT4 Trade Levels On/Off(order lines) 
オーダーライン(ポジションレベル)の線の表示・非表示


C – Toggle Chart Scale Fix 1;1 
チャートのスケールのリセット


Q – Select / Deselect all drawn RECTANGLE objects 
レクタングルの一括選択


E – Toggle ‘Erase Mode’ON/OFF 
全てのオブジェクトの一括消去モード。ショートカットキーを押すと、「Erase mode ON」の表示が出ます。


パラメータ/Parameter

jDD_Drawingtool Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【26FM1 – Chart MarkerUp】
「レクタングル」「水平線」「トレンドライン」「フィボナッチ」などの描画が簡単に出来るツールボックスを表示。
|FX MT4|【WT_Lineas_v2.5】
シンプルながら、使いやすい水平線、トレンドラインを呼びだせるボタンを表示(時間軸表示機能、価格表示機能、アラート機能付)
|FX MT4|【Rulers】
「トレンドライン」や「レクタングル」に、「期間」「Pips」「バー本数」などの情報を載せてくれ宇インジケーター。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

jDD_Drawingtool イメージ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!