|FX MT4|【second-chart-indicator_v1.00j】


DOWNLOAD >>


second-chart-indicator_v1.00j


|無料インジケーター|
非常に操作がシンプルで分かりやすいセカンドチャートをサブウィンドウに表示してくれます。


また、セカンドチャートは「マルチタイムフレーム」・「マルチペア」での指定が可能です。


シンボル(通貨ペア)・時間足を指定


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

シンプルながら抑えるところは抑えてます。パラメーターの入力なども、非常にシンプルで分かりやすいのがいいですね。

DIEPHO

セカンドチャートにもビッドラインが表示させることが出来るのも個性です。初心者のかたが、「マルチタイム」もしくは「通貨相関」を見るのにも使いやすそうだと思います。


second-chart-indicator_v1.00j Parameter 【bid line mode】


セカンドチャート系のインジケーターはいくつかありますが、「マルチタイム・マルチペア」で使用できるものはある程度限られます。その中でもこのシンプルな使いやすさは結構好きな人がいるのではないでしょうか。

DIEPHO
このサイトで別に紹介している、「chart in subwindow」 もビッドラインがあるチャートを表示してくれますが、こちらは、時間足を変えてもローソク足の時間経過(横の軸)は上のチャートと同期するタイプです。

サブウィンドウにマルチタイムフレームのチャートを表示

|無料インジケーター|サブウィンドウに、マルチタイムフレームで「BIDライン」のあるチャートを表示してくれます。 表示するシンボル(通貨ペア)はメインチャートに同期します。 […]

サブウィンドウにもBIDラインが付き、時間経過も上チャートと同期してます

こちらは、上位足のプライスアクションなどを見る場合に強みがありそうですね。

DIEPHO

今回紹介する、【second-chart-indicator_v1.00j】は、横の軸が同期しません。こちらは全体を俯瞰して見る場合に強みがあるでしょう。


横の時間軸が同期しないチャートを表示します

DIEPHO

上の2つは同じインジケーターのようですが、使い方は全く変わりそうです。

パラメータ/Parameter

second-chart-indicator_v1.00j Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【Candles_in_Subwindow_MTF】
横軸(時間経過)が同期する上位足の「チャート」をサブウィンドウに表示してくれるインジケーター。
|FX MT4|【Recent Candles】
サブウィンドウに指定した「時間足」「シンボル(通貨ペア)」のチャートを複数表示してくれるインジケーター。
|FX MT4|【stratman-mini-chart】
メインチャートの任意の位置に、指定した「時間足」「シンボル(通貨ペア)」のチャートを複数表示してくれるインジケーター。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

second-chart-indicator_v1.00j
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!