|FX MT4|【pipsometer_decimal_edit_2】


DOWNLOAD >>


pipsometer_decimal_edit_2


|無料インジケーター|
チャートにセットすると表示している通貨ペアの「ポジション状況(P/L)」が表示されます。


ポジション状況は、ショートとロングに分けられそれぞれのポジションの数(Lot数に関わりなく)が表示されます。プロフィット(ロス)の数値は全てのポジションの合計から計算されます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

とてもシンプルなインジケーターですね。

DIEPHO

パラメーターで設定するのは「表示する色」と、「コーナー」くらいです。何も難しくないです。

DIEPHO

ちなみに、コーナーは「0」左上「1」右上「2」左下「3」右下で設定します。

DIEPHO

あと、パラメーターの「all symbols」は「false」にしておいてください。「true」にすると、ポジションの計算がおかしなことになります。


パラメーター入力時の注意「all symbols」は「false」に設定してください。


製作者の意図違いでしょうか?どうやらうまく機能していない様子。

DIEPHO

そうですね、設定を変えなければよい話なので特に問題は無いと思います。興味がある人は「true」にしてみてください。別にフリーズするとかはありません。私が気づかないだけで上手な使い方があるのかもしれません。

「とにかく表示がシンプルでスペースも使わない」が、特徴のインジケーターでしょうね。「MT4 のターミナル」が邪魔だと思う人はこういうインジケーターがひとつあってもいいかもしれません。

DIEPHO

確かに「MT4 のターミナル」の情報は色々と網羅していますが、正直余計なものも多い上に、情報をソートできないのですよね。なんか見にくいというか。

ほかにも「スキャルピング」など、ライン際で決済する機会が多い場合にも役立つかもしれませんよ。


複数ポジションがある場合、その合計が計算されます(pips表示)


これがあるとポジションと、獲得「pips」が一目で分かりますね。

DIEPHO

あと、違う目的にはなりますが、ターミナルと違い、獲得「pips数」を独立して確認できるので金額を見ずにトレードすることが出来るというメリットもあります。

なるほど、ロットが変わると取り扱い金額が変わりますからね。心理的な影響はトレードでは案外馬鹿にならないものです。同じ感覚でトレードするにはいいかもしれません。


パラメータ/Parameter

pipsometer_decimal_edit_2 Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【daily_data_3_1】
チャートの表示通貨ペアの「スプレッド」「スワップ」「日足レンジ」他、相場の情報を表示してくれるインジケーター。
|FX MT4|【milanese-market-info-indicator】
チャートの表示通貨ペアの「スプレッド」「スワップ」「ポジション状況」他、相場の情報を表示するインジケーター。
|FX MT4|【On_Chart_Symbol】
チャートの表示通貨ペアを分かりやすく表示してくれるインジケーター。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

pipsometer_decimal_edit_2 I catch
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!