|FX MT4|【ZigZag-open】


DOWNLOAD >>


ZigZag-open


|無料インジケーター|
起点に「始値」を採用したZIGZAG


ヒゲを作った「ローソク足」などクローズにかけて、大きく戻した場合、通常の「ZIGZAG」との挙動が大きく変わります。(ジグザグの波からヒゲが排除されます)。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

以前に紹介していた「ZigZag-close」の派生型というか、まぁ同じような考え方ですね。

「終値」を起点にするZIGZAG

|無料インジケーター|「高値・安値」ではなく「終値」を転換点として表示する「ZIGZAG」です。 通常の「ZIGZAG」は「高値、安値」を転換点としてラインが表示されますが、この「ZIGZAG」は「終値」を[…]

AigZag-close イメージ
DIEPHO

「ZIGZAG」の頂点に当てはめる価格を、「高値・安値」ではなく、「終値」にしたものが |ZigZag Close| で、「始値」にしたものが |ZigZag-open| です。窓開けが殆どないFXでは、とても似た挙動をします。

窓が開いているときなど、若干違った挙動を示します。この辺は拘りたい人はどうぞ、といった感じでしょう。


ZigZag-open とcloseは大方同じだが、 Gapが発生するとズレることもある


DIEPHO

この2つのZIGZAGの特徴は、高値・安値のブレイクにヒゲを含まず、始値(終値)で判断するかというところです。これにより相場の目線は大きく変わります。

相場の突発的な動きに翻弄されない波を描く、ということですね。



DIEPHO

ヒゲの所在が目立って分かりやすくなる、というのもありますよ。転換点での強いヒゲの位置は、抵抗帯として機能しやすいので、分かりやすくしておくことがお勧めです。


ヒゲを判定基準から除くと、サポート(レジスタンス)候補ゾーンが明確になります。


パラメータ/Parameter

ZigZag-open Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【fractals – adjustable period trend lines mtf】
相場の波の「高値・安値」を基準とし、トレンドラインをひく。トレンドラインは、リペイントされない(completed)とリペイントする(uncompleted)が描かれます。
|FX MT4|【High – low trend 3.01(mtf + alerts) button】
ZIGZAGラインとハイローバンドを同時に表示するインジケーター。
|FX MT4|【zulufx_HHLHLLHL2】
ZIGZAGの波の転換点を「HH」「HL」「LH」「LL」4つに分類して表示してくれるインジケーター。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

高値・安値の基準の違いから生じる、同期間波の「切り上げ」と「切り下げ」の相違。青色が「ZigZag-open」の判定した波です。
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!