|FX MT4|【Day_of_Week_wDailyStyles_wBtn】


DOWNLOAD >>


Day_of_Week_wDailyStyles_wBtn_ イメージ


|無料インジケーター|
チャートを曜日ごとに縦ラインで区切り、画面上部に曜日を表示してくれます。


曜日ごとに区切る、縦ラインの「線の種類」「色」、上部に表示される「文字のフォント」、その「表示位置」などを細かく設定することができます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

「曜日」の概念を入れたチャート分析がしやすくなりますね。表示の方法が細かく設定できる為、「1日区切り」だけではなく「週区切り」のラインを作ることもできます。



DIEPHO

確かに、表示したい部分だけを好きな場所に指定できるから、チャートにセットしたままでも邪魔にならないのが良いですね。
よく似ているインジケーターで「trade-day」がありますが、今回紹介する「Day_of_Week_wDailyStyles_wBtn」はサブウィンドウにまでラインが引かれるのが特徴的です。


Day_of_Week_wDailyStyles_wBtn イメージ


そうですね、どちらも「チャート分析」を視覚的に見やすくしてくれますが、サブウィンドウを使用する方はこちらの方が使いやすいかもしれません。

DIEPHO

たとえば、分析しているときに「金曜日のロンドンフィキシング」付近の動きだったのか、とか「ちょうど雇用統計の場所」だったとか、曜日が付くだけでとても分かりやすくなります。

特に「売買シグナル」を示すものではありませんが、こういった分析補助系のインジケーターは恒久的に使えるので、ひとつもっておいてもよいのではないでしょうか。

DIEPHO
ちなみに「曜日の個性」については「↓」で簡単な解説をしています。よろしければついでにご覧ください。
◉曜日ごとの個性、傾向について考える

|無料インジケーター|1日ごとの高値安値でボックス囲って、曜日を分かりやすく表示してくれます。 それぞれのボックスの上に曜日を表示、上下に高値・安値を表示してくれます。曜日ごとの値動きを視覚的にわかりやすく[…]

trade-day(画像)

全てのシチュエーションで優位なストラテジーなどはありません。相場は本当に多くの理由と共に複雑に動きます。

DIEPHO

その中でも大枠な傾向性を自分なりに分析し、ふさわしい戦略を都度選択してくことはとても大事ですね。

「曜日」「マーケット」「月」「指標前後」などもその中のひとつとなります。いわゆる「WEB」や「書籍」の情報だけではなく、自分の中で消化し、その基準で物事を把握、分析、予想していくとがとても大切です。

DIEPHO

そういった、「経験」はトレード技術の向上だけでなく、過去チャートの分析にも大きく役立つことでしょう。

パラメータ/Parameter

Day_of_Week_wDailyStyles_wBtn Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート分析【daily_data_3_1】
「スプレッド」「スワップポイント」「通貨ペア」他、お役立ち情報を表示するインジケーター
FXトレード / チャート 分析【ScreenShotOnTrade】
チャートにセットすると、「エントリー」と「エグジット」時の画像を自動でフォルダに保存してくれる


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

Day_of_Week_wDailyStyles_wBtn イメージ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!