|FX MT4|【MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines】

DOWNLOAD >>

MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines(画像)

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!
【MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines】

「MACD」アレンジ型のインジケータ。「MACD」の0ラインで色が変わるバー(上に交差したときに緑、逆に下にクロスしたら赤色)を表示するインジケーター。マルチタイムフレームでの設定が可能です。


この記事を読むのに役立つ予備知識・関連記事など


About 【MACD:マックディ】
シンプル化されたインジケーターについて

「MACD」の仕組み・使い方・種類


1.まず、MACDとは

MACD(Moving Average Convergence Divergence:マックディー)は2本の期間の異なる指数平滑移動平均線(EMA)を使用し、その「乖離と収縮」をグラフにしたものです。

DIEPHO

相場の過熱感を図る「RSI」や「WPR」と同じ、「オシレーター」に属してはいますが、一般的にはトレンド追従に使うことが多いですよ。


2.2種類のMACDの仕組と移動平均線との関係性

◉同じロジックを持つ2種類の「MACD」◉同じロジックを持つ2種類の「MACD」

DIEPHO

オシレーターとして非常に有名な「MACD」。ユーザーが多く、その派生型インジケーターも沢山生み出されていますが、今回は最もベーシックなもので「2種類」あります。


1.「ヒストグラム」+「曲線2本」を使用するMACD(仮称:MACD Dline)
2.「ヒストグラム}+「曲線1本」を使用するMACD(仮称:MACD Sline)


DIEPHO

「MT4」標準装備のものは「Sline」ですが、「MACD」に関しての記事などを見ると、「Dline」を使ったものが多い気がします。


3.「MACD」のベースとなる指標は「EMA」

DIEPHO

どちらの「MACD」も「2本の移動平均線の乖離」を利用しており、以下の2つの指標をベースに使っています。

1.MACDライン

2つの期間のEMA(指数平滑移動平均線)の「乖離値」をつなげたライン。シグナルラインより価格追従性が高い

2.シグナルライン

「MACDライン」を更に平滑化したもの。「MACDライン」より価格追従性が低い


4.「MACD」の分析ポイント

DIEPHO

この「シグナル」と「MACD」の2つのラインを使用して相場の分析をします。ここで主に注視すべきことは2つ。

◉MACDラインが「0」ラインをまたぐとき、「シグナルライン」をまたぐとき、それぞれに意味があります。

1.「0ライン」のクロス

「MACD」が「0ライン」より上にあれば、それが意味することは「相場の強気」、逆に下回れば「相場の弱気」を示します。

2.「MACDライン」と「シグナルライン」のクロス

「MACDライン」が「シグナルライン」を引き離しているのは推進力が強いからです。逆に乖離が狭まり、クロスすれば推進力の低下を示します。


5.2つの「MACD」の違いは表示方法の違い

DIEPHO

さて、「MACD」の仕組みについて簡単に解説したところで、「2種類のMACD」の違いについて説明します。


◉「Dline」が使用する3つの指標。それぞれの役割
1.MACDライン(EMAの乖離を表す)
2.シグナルライン(平滑化したMACD)
3.MACDとシグナルの乖離を表すヒストグラム


◉「Sline」が使用する2つの指標。それぞれの役割
1.MACDヒストグラム(EMAの乖離を表す)
2.シグナルライン(平滑化したMACD)

DIEPHO

少し分かりにくいのですが、2つの大きな違いはヒストグラムの持つ意味合いです。

◉MACDをヒストグラムにする「Sline型」とMACDとシグナルラインの乖離をヒストグラムにする「Dline」型。◉MACDをヒストグラムにする「Sline型」とMACDとシグナルラインの乖離をヒストグラムにする「Dline」型。

DIEPHO

双方とも同じことを示しているのですが、表示方法が違う。なんだかややこしいのですが「それだけです」

DIEPHO

MACDの仕組みと「2つのMACDの違い」を理解していただけたと思いますが。理解すれば、なんのことはなく単純な仕組みです。

DIEPHO

どちらも便利ですが、見方が違います。自分にとって使いやすい方を利用しましょう

インジケーターの仕組みを知ることは、その裏のロジックを理解するということです。

ロジックが体に染みついたなら、MACDがなくとも、チャートから同様の意味を読み取ることが出来るようになりますよ。


インジケーターのシンプル化

単純化されたインジケーターは、機能や精度の劣化版なのか?

DIEPHO

「見やすくても、シンプル化されたインジケーターは本来の性能を出し切れていない」という意見があります。

確かに、例えばここで紹介しているインジケーターも、MACDの機能を一部切り取ったようなものですね。そういう意味では劣化版と言われても仕方は無いですが…

でも、それを言うなら多くのインジケーター、例えばオシレーターなんて全部、チャートの劣化版とも言えますよ。

DIEPHO

そこですよね、インジケーターの多くは「見やすさ」「分かりやすさ」を追求して、チャートの動向を一部切り取ったり、違う形で見せているものです。

そうですね、個人的には「テクニカル」なら、結局チャートが全てであり、答えだとは思います。

どうしてインジケーターを使うのか

DIEPHO

つまりそれぞれのインジケーターを「どう捉えるか」ということが重要だと思うのです。

DIEPHO

繰り返しになりますが、インジケーターはあくまで相場分析のサポート役にすぎず、何かを強調したり見やすくすることで、ユーザーの考え方に基づいたトレードを補佐するものだと思います。

そうですね、だからあくまで自分の考えにそったものを使う。

それなのに、インジケーターを直接売買のシグナルにしているひともいます。個人的にはどうかなぁとは思います。

DIEPHO

「そういう使い方」をするからインジケーターは「使えない」という発想になるのかと。

自分の考え方が先、そしてシーンに併せたインジケーターを自分が選ぶ必要があると、私は思います。

それぞれのインジケーターに「使い方」を決める

DIEPHO

シンプルなものと、細かいものとはその使い方が違います。

DIEPHO

たとえば、シンプル化されたインジケーターはチャートのぱっと見の印象をとても分かりやすくしてくれます。反面細かい分析は苦手です。

DIEPHO

だから、シンプルな分析から気になったもの選別し、又違う角度でより細かく分析していく。

最後はチャートで詳細を分析する、ということですね。

DIEPHO

イメージとしては、「日本地図」→「県地図」→「市街地地図」といったところでしょうか

それぞれに使いようが違う、その通りですね。

DIEPHO

インジケーターは「使い方」が命です。それぞれにその根底にあるロジックを学び、自分のトレードにどう活かせるのかをしっかり検討・検証してほしいな、と思いました。

インジケーター詳細・レビュー

応用難易度 ★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

MACDを基にしたシンプルなゲージです。MACDの「0ライン」の上と下で色が変わります。

◉「通常のMACD」を同じ設定、同じタイムフレームで表示してみます。


MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines_+MACD


DIEPHO

「通常のMACD」同様に設定期間が変更できることと、「マルチタイムフレーム」での使用が可能なので、大波・小波の大まかな方向性が分かります。

DIEPHO

また、このインジケーターは複数同時に使用することが出来るので、アバウトな環境認識、チャートの選定に活用できるかもしれません。


◉1時間足チャートに、1時間足と日足のインジケーターを表示。左の画像が拡大図。右の画像が縮小図です。



DIEPHO

狭い範囲では下方向でも、下のインジケーター(上位足)の方向性がきっちり上を示していますね。こういうときは注意が必要です。

DIEPHO

と、かなりアバウトな環境認識ができるわけですが、、気を付けないといけないのはインジケーターの状況はチャートの動向に合わせてどんどんリペイントします

まぁ、MACDの「0ラインクロス」が基準なら当然そうなりますよね。

DIEPHO

だから、このインジケーターの状況だけを見て安易に「押し目」「戻り」などと、直接売買のシグナルにすることは推奨いたしません。

そうですね、あくまで、チャート選別の第1段階程度に使用すると良いかもしれませんね。


パラメータ/Parameter

MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines Parameter

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


「MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines」のサマリー/インジケーターをお勧めしたいユーザー(1位~3位)

高評価(☆)&使用メリットが高そうなユーザー

☆マルチタイムフレームのアバウトな環境が分かりやすくなる
1位:チャートを沢山並べられない環境の人
2位:気づくと逆張りになっているような初心者
3位:多くのチャートを監視・トレードする人

難評価(★)&必要性が高くなさそうなユーザー

★非常にアバウトな方向感の為、トレードに直接生かすことはできない
1位:マルチタイムでチャートを並べられる人には恩恵が無い
2位:それぞれのチャートで上位足の環境認識が出来る中級者以上
3位:上位足の認識に他のインジケーターを使っている人

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

細かく仕様を設定できる「平均足スムーズド」アラート機能付

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【Smoothed_HAS_alerts_button 1.02】 ボタンで「オンオフ」できる平均足スムーズド(平均足を平滑化したバンド)。バンド平均化期間のほか、ラインモ[…]

Smoothed_HAS alerts button 1.02
「MACD」の状況をチャートの「ローソク足」の色に反映

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【MACD_Overlay】 気のオシレーター「MACD」の状況を、チャート「ローソク足」の色に反映。パラメーター設定で、MACDの状況判断を「シグナルラインクロス」、[…]

MACD_Overlay
平均足スムーズドのバンドをサブウィンドウに表示、マルチタイムフレームに対応

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【AllHeikin-Ashi-subwindow_v2.6-600-1】 平均足スムーズド(平均足をさらに平均化したバンド)をMTF(マルチタイムフレーム)で。上位足の方[…]

AllHeikin-Ashi subwindow_v2.6 600+

インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれる。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押す。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップする。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines(画像)
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!