|FX MT4|【TrendLine_Alpha_v1.4】


DOWNLOAD >>



|無料インジケーター|
指定期間ごとの高値(安値)を結ぶ4つのトレンドラインを表示。


それぞれのトレンドラインに、タッチでアラートメッセージ機能がついています。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

期間を指定し、期間高値・安値から表示するトレンドラインを最大4本同時に表示することができます。

DIEPHO

また、トレンドラインは個別に色や線種が設定できるうえ、それぞれにメッセージアラート機能が付いており、個別にON/OFFの指定ができます。


各トレンドラインのアラート背亭


トレンドライン+アラート機能は珍しいですからね。しかも4本それぞれに指定できるということは、マルチタイムフレームの視点で使用できますね。

DIEPHO

はい、沢山のチャートを同時監視していても、ブレイクを見逃さないですみます。アラートメッセージが出たら、チェックしてみるという使い方です。

DIEPHO

個人的には、基本的にはチャートで判別しにくい期間のトレンドラインを指定することをお勧めします。


アラートメッセージ 「シンボル(通貨ペア)」・ライン名・上抜け(下抜け)が時間順にソートされます。


メインの時間軸より、長期間のトレンドラインは見落とすことがありますからね。それに、あまり短い期間に設定すると、ピロピロうるさそうです。

DIEPHO

そうですね。あと、このインジケーターの面白い個性は、適応価格を「終値」にすることができるところです。


トレンドラインの起点価格を「終値」に指定


つまり「ヒゲ部分」が排除されるということですね。好みは分かれそうですが、突発的に振り回す値動きを除外できる、という面で良いと思います。


「終値」と「高値・安値」では場合により大きな違いが出ます
さほど違いが出ない場合もあります。


好きな方を選べる、というのが良いですね。

DIEPHO

ただし4本同時に使うと、少し鬱陶しいこともあるかもしれません。指定期間によっては「高値」「安値」の関係で、重なるものもでてきます。

DIEPHO

短期・中期・長期の3本くらいがちょうどいい気もします。この辺は好みで使用してみてください。

4本それぞれ、「表示・非表示」の設定が出来るのも良いですね。まぁ1本で十分と思う、というようなことは言わないでおきましょう。


パラメータ/Parameter

TrendLine_Alpha_v1.4 Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【TrueTL V1.01】
「アウタートレンドライン」「インナートレンドライン」基本的なロジックにのっとったトレンドラインを表示。
|FX MT4|【fractals – adjustable period trend lines mtf】
リペイントする現行ラインとリペイントしない完成ラインの2種類があるトレンドライン。
|FX MT4|【ZigZag-close】
「終値」をベースとし、相場の突発的な上下変動を排除したZigZag。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!