|FX MT4|【macd x 2.01 mtf】

DOWNLOAD >>

macd x 2.01 mtf


MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!
【macd x 2.01 mtf】

2つの期間の「MACD」を同時に表示。長期・短期のMACDの表示の仕方をそれぞれカスタマイズすることが出来ます。


この記事を読むのに役立つ予備知識・関連記事など

●MACDの見方・仕組みについてはこちら

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines】 「MACD」アレンジ型のインジケータ。「MACD」の0ラインで色が変わる[…]

MACD Predictor Histo Universal MTF Alerts Lines(画像)

●ダイバージェンス(Divergence)
英語で「不一致」「相違」のこと。相場ではチャートと、テクニカル指標での相違(逆行)を示します。例えば、チャートが高値を切り上げているのに対して、同期間のテクニカル指標が切り下げているなど。

MACDで見るdivergence相場の勢いに陰りが出たことを暗示しますが、レンジ相場でも現れるため、安易に「転換」と考えるのは危険です。あくまで分析のひとつとして考えることがお勧めです。


インジケーター詳細・レビュー

応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

人気のインジケーター「MACD」の派生型です。2つの期間を同時に表示します。

「MACD」の派生型インジケーターは本当に多いですね。複数期間を同時に表示するのも多数ありますが、このインジケーターの特徴はなんでしょう。

DIEPHO

「見やすさ」とカスタマイズ性だと思います。

DIEPHO

そもそも「MACD」のオーバーレイ表示はスタンダードインジケーターでも可能です。ただし、その場合「0」ラインもずれますし、とても見にくくなるのですよね。


標準の「MACD」を重ねて表示した場合。「下限・上限の設定を固定しない限り」「0ライン」がズレます。


なるほど、このインジケーターは自動で「0ライン」を揃えてくれるわけですね。

DIEPHO

はい、また「長期」「短期」それぞれに色分けが出来ますので、見せ方のカスタマイズ性が高いです。


例えば、以下のように設定した場合
1.長期:ヒストグラム「表示」 /MACD線「非表示」/シグナル線「表示」
2.短期:ヒストグラム「非表示」/MACD線「表示」 /シグナル線「表示」
3.長期戦を短期戦の4倍くらいにしてみる


macd x 2.01 mtf


さらに見やすくなりましたね。

DIEPHO

この場合、塗りつぶし部分が長期「MACD」ラインです。まず最初に塗りつぶし部分と長期シグナルラインの関係性を見て…、

次に短期の「MACDライン」と「シグナルライン」の状況を見る、とう訳ですね。

DIEPHO

はい、上の場合は「長期MACD」の設定を「短期MACD」の4倍にしているので、1時間足チャートで使用した場合、4時間足相当のMACDを同時に表示することになります。

DIEPHO

又、このインジケーター、上位足表示もできるので、下のように30分足チャートに1時間足と4時間足相当のMACDを表示させることもできます。


30minチャートに1Hと4HのMACDを表示した場合


DIEPHO

ただし、もちろんオシレーターは、あくまで「参考」にすぎません。チャートより鈍いですし、チャートが全てという理念(私見です)からみれば、インジケーターで「長期・短期の環境確認」➡「チャート確認」という分析をすることがお勧めですよ。

なるほど、打倒だと思います。ある程度環境認識に条件を付けて、チャートを絞ることもできそうですね。

DIEPHO

あとは、長期と短期のダイバージェンスも、同時に確認することが出来ます。設定にもよりますが、長期MACD(塗りつぶし部)がシグナルラインを割っているとき、短期でダイバージェンスが起きていることも多いですよ。


MACDがシグナルラインを割るとき、推進力の低下を表し、転換を示唆。ダイバージェンスも同様です。
MACDがシグナルラインを割るとき、推進力の低下を表し、転換を示唆。ダイバージェンスも同様です。


相場の方向性、勢い、押し目、戻りなどを2つの期間で見極める。いいと思います。

DIEPHO

ちなみにトレンドが発生していない時はこういったカオスな状況になります。


どのインジケーターにも不向きな相場はあります。それぞれに使い分けることが大切です


テンプレートは、相場によって使い分ければいい話ですから。こういうときあえて使う必要もないですね。


パラメータ/Parameter

macd x 2.01 mtf Parameter normal


「macd x 2.01 mtf」のサマリー/インジケーターをお勧めしたいユーザー(1位~3位)

高評価(☆)&使用メリットが高そうなユーザー

☆サイズの違う波を同時に、自分にとって見やすくカスタマイズできるのが◎
1位:MACDユーザー
2位:マルチタイムフレーム分析に慣れている人
3位:MACDを逆張りに使用しない人

難評価(★)&必要性が高くなさそうなユーザー

★MACDの仕組みや見かたに慣れていないと、逆に見にくい
1位:MACD非ユーザー(慣れていないと、逆に分かりにくくなります)
2位:マルチタイムフレーム分析に慣れていない人(同上)
3位:初心者(まずは一般的なMACDへの慣れを推奨します)

このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

多機能かつ、カスタマイズ性が非常に高いMACD

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【AllMACD_v2.2 600+】 [SingleLine][DoubleLine]の2種類のモードがから選択可能、アラート機能、ヒストグラムのカラーを4つに分類可[…]

no oscillator
サブウィンドウに、複数時間足のMACDを同時に表示

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【all_macd_v1.0_nmc_1】 サブウィンドウにマルチタイムの「MACD」を表示するインジケーター。通常の「MACD」同様、「FAST EMA」「SLOW EM[…]

all_macd_v1.0_nmc_1 イメージ
MACDの状況をチャートのローソク足の色に反映させる

MT4:世界のインジケーター厳選 PICKUP!!【MACD_Overlay】 気のオシレーター「MACD」の状況を、チャート「ローソク足」の色に反映。パラメーター設定で、MACDの状況判断を「シグナルラインクロス」、[…]

MACD_Overlay

インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれる。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押す。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップする。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。

 DOWNLOAD  macd x 2.01 mtf

PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

30minチャートに1Hと4HのMACDを表示した場合
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!