|FX MT4|【overlay-chart + line_mode BT】


DOWNLOAD >>


overlay-chart + line_mode BT イメージ


|無料インジケーター|
メインチャートに「指定する通貨ペア」のチャートを重ねて表示してくれます。


このインジケーターにはボタンで「ON/OFF」機能がついています。また、重ねるチャートを「ラインチャート」にすることができます。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

「オーバーレイチャート」シリーズの進化版、ボタン「ON/OFF機能」はもちろん、そのボタンの位置をサブウィンドウに指定することもできます。

DIEPHO

ボタン設置位置は、パラメーターの「Button_Subwindow」で指定します。「0」がメインチャート、「1」がサブウィンドウ1、「2」がサブウィンドウ2という具合です。


overlay-chart + line_mode BT Parameter ボタン設置位置の指定

overlay-chart + line_mode BT サブウィンドウ2にボタン設置


また、このインジケーターの特色は、重ねて表示するチャートを「ラインチャート」にすることができることです。オーバーレイチャートの嫌いな部分はチャートがやたらと汚れることですが、これなら幾分使いやすいですね。

DIEPHO

たしかにこれは気が利いていますね、「キャンドルチャート」だと、チャートが重なる部分がカオス状態になりますし、ましてや複数表示したらそうはもう大変な騒ぎですからね。ラインにすると少しだけスッキリします。



複数のラインのオーバーレイチャートを使用することで「通貨強弱インジケーター」のような使い方もできます。全体的な相場の監視や流れが見えますね。他にも色々なロジックに取り入れることが出来そうです。


overlay-chart + line_mode BT5 通貨ペアライングラフ


DIEPHO

チャート上で仲間外れを探すのって結構面白いです。通貨の相関・バランス・強弱などをトレードにとり入れている方には、面白いインジケーターなのではないでしょうか。

パラメータ/Parameter

overlay-chart + line_mode BT Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート 分析【OverLayChart button】
チャート上に他通貨ペアのチャートを重ねてくれるインジケーター。ボタン【ON/OFF】機能付き。
FXトレード / チャート 分析【Multi-symbols-Wilders-DMI】
複数通貨ペアの強弱をDMIを使ってサブウィンドウに表示してくれるインジケーター。
FXトレード / チャート分析【MACD_Overlay】
MACDの状況をメインチャートのローソク足の色に反映してくれるインジケーター。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

overlay-chart + line_mode BT イメージ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!