|FX MT4|【SupDem Box Button 1.02】


DOWNLOAD >>


SupDem Box button 1.02


|無料インジケーター|
長い間トレーダーに支持される人気のインジケーター「SupDem」の派生型


高値・安値のプライスアクションを利用した、サポートゾーン、レジスタンスゾーンを示す「SupDem」表示On/Offボタンを装着。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

DIEPHO

抵抗レンジを分かりやすく表示する人気のインジケーター「SupDem」ですが、このインジケーターはマルチタイムフレームで利用することができます。

DIEPHO

もともと「SupDem」は複数のインジケーターを同時に利用することが可能です。そのため、異なる時間軸の抵抗帯を重ねて表示する人も多いと思うのです。

でも、その場合チャートが少し混雑するので、特に直近の「ローソク足」などが見にくくなるなどのデメリットもがありますね。

DIEPHO

はい、それで「ON/OFF」ボタンを装着させた、ということだと思います。

チャートの見えにくい部分を確認したい時などに便利な機能です。

DIEPHO

この新しい機能で、状況に応じて、必要な時間足のものをその都度表示(非表示)にすることができるようになりました。



今回の紹介するインジケーターは、このサイトで紹介している類似インジケーター「II_SupDem_v2.33s2o」に比べて、細かい機能設定は少ないのですが、これはこれでシンプルで使いやすいと思います。

カスタマイズ性は高いが、表示(非表示)ボタンが無い

|無料インジケーター|トレーダーに意識されやすいサポートゾーン(サポートライン)、レジスタンスゾーン(レジスタンスライン)を表示してくれます。 相場の波の高値や安値付近で、抵抗になりえる価格帯をゾーンで示してくれる[…]

Ⅱ_SupDem_v2.33s2o(画像)
DIEPHO

また、表示非表示ボタンは、表示位置、テキストを任意で設定できるので使い分けがしやすくなっています。


ボタンの名前の設定



●期間の設定
1時間足[60] / 4時間足[240] / 日足[1440] / 週足[10080] / 月足[43200]



パラメータ/Parameter

SupDem Box button 1.02 Parameter


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

|FX MT4|【support-resistance new】
マルチタイムフレームのZIGZAGの転換点を使った「高値」「安値」ライン。
|FX MT4|【Zone Indicator 2】
マルチタイムフレームのサポート(レジスタンス)ライン。
|FX MT4|【Mano Rounder】
ラウンドナンバーを指定して、チャートにラインをひく。


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

SupDem Box button 1.02
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!