|FX MT4|【H&L 144】


DOWNLOAD >>


H&L 144 イメージ


|無料インジケーター|
任意の期間の相場の変動幅を基準として、チャネルを描写してくれます。


相場の稼働幅を基にチャネルラインが引かれます。また、チャネルラインは設定期間のほかに、パラメーター「degree」の設定により挙動が大きく変わります。


応用難易度★3.5以上はビギナーの方にはお勧めしません

デフォルトの期間で設定すると邪魔以外のなんでもないですね。期間や「degree」を変更することで使い方の幅がぐんと広がります。

DIEPHO

基本的に相場は相対的に高ければ売られ、安ければ買われる傾向があります。もちろんトレードするときには「そう単純にはいかない」ことは言うまでもないですが、一つの判断基準として使用できるかもしれません。

ただし、「相場の方向予想」として使うことには結構なリスクを感じます。あくまで、現在の位置が指定期間の「流れ」でのどのあたりに位置するのか、という参考として利用するとよいのではないでしょうか。(私見)

DIEPHO

下の図は、パラメーターで「degree」を色々と調整したものです。数字を大きくするほど相場の変動に敏感になります。パラメーターの設定の仕方については下をご参照ください。


パラメータ/Parameter

H&L 144 parameter

インジケーターのパラメーター設定は、チャート上で「右クリック」、「表示中のインジケーター」から変更したいインジケーターを選択して、「パラメーターの入力」から変更することができます。※基本的にはデフォルト設定のままにしておくことをお勧めします。


インジケーターのインストール手順

1)新しいインジケーターファイルの移行

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「ファイル」からデータフォルダを開き、フォルダ「MQL」内のフォルダ「indicators」を開いて、フォルダ内に「ダウンロードしたファイル」をいれてください。

2)ナビゲーターの更新

「MT4」のチャート画面左上のメニュー「表示」を選択し、「ナビゲーター」を開くと、現在インストールされているインジケーターが表示されますので、空欄部分を右クリックして更新を押してください。

3)インジケーターのセット

「ナビゲーター」内に新しいインジケーターが表示されたら、インストール成功です。あとは通常通り「ナビゲーター」から利用したいインジケーターをチャートにドロップしてください。

※更に詳しいインストール方法(動画解説有)はこちらをご覧ください。


このページを読んでくれた方に、お勧めのコンテンツ

FXトレード / チャート 分析【High – low trend 3.01(mtf + alerts) button】
ZIGZAGラインとハイローバンドを融合。相場の波とその高値・安値を利用したバンドを描写
FXトレード / チャート 分析【ZigZagWithChannels】
ZIGZAGが作るラインをベースとしたチャネルを描写。
FXトレード / チャート分析【Trend Bands button】
相場の「高値」「安値」を利用したハイローバンドの「ミドルライン」をカスタマイズ


PAGE TOP >>

# 国内(信託保全) /MT4(分析用) / スキャルピング可 / 約定力

H&L 144 イメージ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!